冷えとり温ちゃん

FBで人気の「冷えとり温ちゃん」まとめブログ。靴下の重ね履きや半身浴、湯たんぽ温活をはじめとした冷え取り健康法をはじめ東洋医学や食事などの様々な健康法、子宮温活、布ナプキンやマクロビオティック、世の中や心の話題、白湯、自然療法など500を超えるページであらゆる冷えとりと温活を網羅したブログサイト。わかりやすい、ためになると人気です。

年: 2016年

靴下のいらない生活

実は足が冷えるのも、足裏の刺激がないのもそういう暮らしを私たちがしているっていうのが根本の問題なんです。運動不足・食べすぎ・食事の質・有害物質に囲まれた生活・ストレス・・・

子宮温活

心臓や肝臓のように自ら発熱する器官が子宮周りにはありません。 また、下腹部にはたくさんの器官があつまって、複雑な女子の体は ちょっとのことで血の巡りが悪くなります。 なま足、ミニスカートなどの下半身薄着は、体を巡る血液を冷やしてしまいます。 冷えた血液は、心臓に戻る途中に子宮周りを流れていきます。 こうなるとあなたの子宮は冷える一方です。

右手首を冷やすわけ

右半身は陽、左半身は陰です。陰である左手は下におろし、陽である右手は挙げてみてください。右手が体の一番上にきます。お風呂でのぼせそうなとき、夏の暑さに滅入ったとき右手首を冷やしたタオルや冷水で、冷やしてあげればほらすうっと暑さも和らぎます。

酵素と少食

酵素を消化に使えば、代謝に使う酵素が不足して脂肪燃焼ができずお腹がでっぱって免疫力が落ちたり、排泄機能が低下したり代謝による体温上昇が阻害され、体が冷えてきます。

心身一如

こころとからだはふたつでひとつ(心身一如)こころだけにフォーカスしたり体ばかり鍛えたり心の領域とからだの領域に別々にアプローチしてもどうしても片手落ち、十分な結果は得られません。