冷えとり温ちゃん

FBで人気の「冷えとり温ちゃん」まとめブログ。靴下の重ね履きや半身浴、湯たんぽ温活をはじめとした冷え取り健康法をはじめ東洋医学や食事などの様々な健康法、子宮温活、布ナプキンやマクロビオティック、世の中や心の話題、白湯、自然療法など500を超えるページであらゆる冷えとりと温活を網羅したブログサイト。わかりやすい、ためになると人気です。

月: 2013年10月

茶話会紹介

冷えとりを始めたいひと、続けている人、興味のある人、広めたい人・・・のためのグループです。お茶をのみながら気軽におしゃべりするみたいに情報交換しましょう。

薬膳と陰陽

食べ物には薬同様すべて効能があります。でもその前に薬膳では自分の体質を知る必要があるそうです。体質の分類は「熱」と「寒」、「実」と「虚」、「湿」と「燥」に分類されます。

薬膳と大根

マクロビオティックでは陰性とされている生姜やにんにくですが、薬膳では体を温める食品(熱性)とされています。逆にマクロビオティックの陽性食品の大根やごぼうが薬膳では体を冷やす食品(寒性)なんです。

しょうがパワーで温まる

身体を温めたいときには加熱したり干したりした生姜を使いましょう。陰陽の話もついでにすれば、生の生姜は陰性ですが、加熱すると陽化します。身体を温めるときは加熱、魚などの薬味として使うときは生ですね。

保湿クリームについて

肌が乾燥すると皮膚がめくれたりボロボロと白っぽいものが出てきたりしませんか。毒出しだ~!って喜ばないように。これは落屑(らくせつ)といって、健康な肌にはおこらないことです。

秋の土用

土用は「年末の大掃除」が起きやすいシーズンです。え?年末? 意味が分からない方は、こちら(6月5日の記事)をご参照ください。

シャンプーについて

損傷を与えてはコーティングする合成シャンプーとリンスの化学物質は、髪の毛だけでなく髪の根っこから地肌に入り込み、髪を弱らせ、脱毛や薄毛、細くてささくれた髪の毛の原因になっています。