冷えとり温ちゃん

FBで人気の「冷えとり温ちゃん」まとめブログ。靴下の重ね履きや半身浴、湯たんぽ温活をはじめとした冷え取り健康法をはじめ東洋医学や食事などの様々な健康法、子宮温活、布ナプキンやマクロビオティック、世の中や心の話題、白湯、自然療法など500を超えるページであらゆる冷えとりと温活を網羅したブログサイト。わかりやすい、ためになると人気です。

月: 2014年3月

3.11から3年

天災はあっという間に私たちの大事なものを奪い去ります。震災で新築の家を失いローンだけが残ったという話をよく聞きます。豊かさを追い求めた結果あとに残るものが負の遺産だけというのはあまりにも残酷です。

食べ物と体は類似系

ごぼうや大根、お豆や玄米など皮まで食べるとお肌にいいそうです。皮=肌なんですね。 食べ物と体は類似形っていいます。肝臓は平べったい三角形をしていて、シジミが肝臓の類似形とされています。昔から肝臓病にはシジミっていいますものね。

温ちゃん九州に行く

長崎の現役医師であるまきちゃん先生と温ちゃんのコラボ企画!北九州3ヶ所でお話しいたします。まきちゃん先生が冷えとり話を、温ちゃんが世の中と五行の話題を中心にいろいろとお話させていただきます。各会場とも、まだお席は余裕があるようです。

省エネの体になりましょう

脂肪や酵素は無理して入れなくてもちゃんと体が作ってくれます。外から入れれば体も怠けてしまいます。カルシウムが足りないからって、牛乳飲んだりサプリで補ったりしても腸が受け入れなければ吸収されません。たとえ吸収されてもカルシウムの調整をしている腎臓の働きが悪ければ十分な役には立ちません。

未来のことを考える

今ここにいる私たちの欲や執着によって、未来のこどもたちにつらい思いをさせるようなことはないんでしょうか?ネイティブ・アメリカンのイロコイ族には、「七世代あとのことを考えて、ものごとを決める」という掟があるそうです。

アロマブームについて

あれもこれもと手を出して物事が長続きしない人は肝臓が悪いかも。ブームに乗ってトラブルに会ったり突然高価なサプリとか買っちゃう人は心臓に問題があるのかな。依存心が強く優柔不断、すぐに人のいうことに影響されるのは消化器系が弱いから!?

原子力発電について

体にとりこまれた放射能(正確には放射性物質)は放射線を出して細胞のDNAを傷つけます。傷ついた細胞が増殖するときに、細胞の修復が間に合わなければ、悪性の新生物になっていきますが、冷えとりしていて細胞が元気なら悪性になりにくい、免疫や自然治癒力が働いてなんとかしてしまう。そんなことだってありえます。

男性と料理

女の人は、「今夜おうどん食べたいな」と思ったらたいてい作ります。いっぽう男の人はその日の食卓にでてきたものを食べるため、体が求めていない物や体調に合わない食事をすることが女の人より多くなるのです。

五行と心のもちかた

感動は60兆といわれる細胞すべての振動数を上げ、身体をイキイキとさせて若返らせます。よく感動している人はいつまでも若いっていうでしょう。感動は「心=火」の働き、火の働きが活性化すれば、血液循環がよくなり体も心も温まります。