冷えとり温ちゃん

FBで人気の「冷えとり温ちゃん」まとめブログ。靴下の重ね履きや半身浴、湯たんぽ温活をはじめとした冷え取り健康法をはじめ東洋医学や食事などの様々な健康法、子宮温活、布ナプキンやマクロビオティック、世の中や心の話題、白湯、自然療法など500を超えるページであらゆる冷えとりと温活を網羅したブログサイト。わかりやすい、ためになると人気です。

月: 2017年2月

手足の冷えのお悩み

寒くなると脳は体から熱が放散しないように、末端の血管を縮めて手足の先に血が流れないように調節します。 血が流れなければ手足はますます冷え、痺れたり痛くなったり。 これは内臓が冷えないための、手足の先による「肩代わり」です。

香りの落とし穴

芳香剤や柔軟剤などに含まれる香料の約95%は人工香料で、石油由来です。 現在香料に使われる物質は約500種類。 中にはアレルギー原因物質を疑われているものも多くあります。

タネの世界でおきていること

ミトコンドリアのDNA遺伝子が傷つくと精子の数が減り、運動量が減り、不妊、無精子症になります。1940年代には成人男子の精子1ccに存在する精子は1億5000万だったのが今は平均で4000万以下、精子の奇形も増えているそうです。1940年代といえば、雄性不稔を使った交配種が急速に広まったのと時を一緒にしています。

人はなぜ冷えるのか

そもそも人はなぜ冷えるのでしょうか? 歩かなくなったこと 体を冷やす食べ物 ストレスが多い現代社会 化学調味料や食品添加物などの氾濫 西洋化したライフスタイル 体を冷やす現代ファッション ああ、なんかみんなもっともな話ですね。