「子宮温活」タグの記事一覧

子宮温活

女性と冷えとり

心臓や肝臓のように自ら発熱する器官が子宮周りにはありません。 また、下腹部にはたくさんの器官があつまって、複雑な女子の体は ちょっとのことで血の巡りが悪くなります。 なま足、ミニスカートなどの下半身薄着は、体を巡る血液を冷やしてしまいます。 冷えた血液は、心臓に戻る途中に子宮周りを流れていきます。 こうなるとあなたの子宮は冷える一方です。

子宮内膜症と冷えとり

布ナプキンと子宮温活

卵巣や子宮を切除すれば、また次は体の別のところのトラブルとしてあらわれます。食べるものに気を付け、体に入る毒を減らしからだ、とくに子宮や骨盤の周囲をしっかり温めてしっかりとデトックスする。 そうすることで、子宮内膜症は予防でき

お尻の冷え

自然療法と東洋医学

こんにちは温ちゃんです。 「からだの中で特に冷えを感じるところはどこ?」って アンケートをとらせていただきました。 びっくりすることにお尻が冷えるって 回答がダントツでした。 お尻ってなんで冷えるの? ひとつは無理な姿勢 […]

カタカナ食と女性の健康

食べ物の話

パン、パスタ、サンドイッチ、サラダ、フルーツ、チーズ、バター、ヨーグルト、ワイン、ケーキ、アイスクリーム、プリンにチョコレート、スナック菓子。おじさんに比べ女子の食事は圧倒的にカタカナ食が多くなっています。そして、カタカナ食の多くには油脂や乳製品、砂糖がたっぷり入っています。

生理の効能

布ナプキンと子宮温活

上手に生理中を過ごせれば、身も心もキレイになれるチャンス。生理は超お手軽でお金もかからない美容健康法なのです。生理は月一回の大掃除、この大掃除を毎月することで女は男より約5歳長生きする権利を持っています。

生理という毒だし

布ナプキンと子宮温活

冷えとりしている人は圧倒的に女性が多いのはなぜでしょう。女性の体は子宮などの構造上、男性よりも冷えを自覚しやすくできています。子を産み育てる性として、お腹や足元を冷やすことが流産や早産の危険があるってことを、体が警告してくれているのでしょうか。

子宮温暖化計画

布ナプキンと子宮温活

子宮も下のほうほど冷えています。冷えとりしていない妊婦さんは心臓に近い子宮底より足に近い子宮口のほうが冷えています。胎児は四肢より頭が先に成長します。まだ髪の毛もなく心臓も未発達なので頭が冷えるのは危険です。それで頭が温かい子宮底のほうに向き、逆子になってしまいます。

冷えとりで妊活

布ナプキンと子宮温活

若杉ばあちゃんのお話によりますと、現代女性は冷蔵庫のように子宮が冷え切っているから妊娠できないのだとか。それだけでなく、子宮の前屈、後屈、生理不順、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮がんから更年期障害まですべて、子宮が冷え切っていることが引き起こしているトラブルなんですって。

女性と冷えとり

布ナプキンと子宮温活

体の中で足先の次に「冷え」がたまりやすいのは下腹部です。特に女性の体は構造上おなかが冷えやすくなっています。 そのうえ現代の、特に若い女性は下半身を冷やすライフスタイルの方が多く、深刻な冷えに悩まされているのではないでしょうか?

婦人疾患と冷えとり

布ナプキンと子宮温活

昨日は、下腹部、特に子宮の冷えが生理痛や生理不順をはじめとした女性特有のトラブルの大きな原因だというお話をしました。それではお腹を温めるにはどうしたらいいんでしょうか。一つは暖かい格好をすること。靴下の重ねばきはもちろんですが、レギンスや腹巻、またショーツの重ねばきも有効です。

ページの先頭へ