冷えとり温ちゃん

FBで人気の「冷えとり温ちゃん」まとめブログ。靴下の重ね履きや半身浴、湯たんぽ温活をはじめとした冷え取り健康法をはじめ東洋医学や食事などの様々な健康法、子宮温活、布ナプキンやマクロビオティック、世の中や心の話題、白湯、自然療法など500を超えるページであらゆる冷えとりと温活を網羅したブログサイト。わかりやすい、ためになると人気です。

月別: 2014年4月

食事と心の持ち方

「いただきます」から「ごちそうさま」の間は、マイナスの感情は遮断して明るい話題だけにすれば一日2~3回、一時間程度は憂いや怒りの感情から解放されます。食べるという行為はそれがしやすい時間です。

養生訓その2

「内慾」というのは、美味しい物をお腹いっぱい食べたいなあ(飲食の欲)やいつまでもごろごろと寝ていたいなあ(眠りの欲)、エッチしたいなあ(色欲)など。養生訓の中で面白いというか特徴的なのは「七情の欲」と「言語をほしいままにする欲」です。

養生訓その一

江戸時代に貝原益軒が書いた『養生訓』は「人の身は父母を本とし、天地をはじめとす。」の一文から始まっています。その意味は、体は自分だけのものではありませんよ、あなたのお母さんお父さんのものであり、もとをたどれば天からの借り物なんですよって意味だということです。

更年期おめでとう

閉経はいのちのタイムラインに沿って、心穏やかにナチュラルエイジングしていく過程、更年期ってなにかコワイものがおとずれからだがおかしくなっちゃうんじゃないか、という不安があったりしますが実は今までよりもずっとラクに生きられるのです。楽しい人生の始まりなのですっ!

ホメオパシーについて

ホメオパシーというのは、植物や動物、鉱物などのエッセンスをその物質としての性質を残さないまで薄めに薄めて震動によるエネルギーを与えた砂糖玉を舐めることで体や心の様々な症状を緩和させようという、西洋の伝統療法です。

子宮温暖化計画

子宮も下のほうほど冷えています。冷えとりしていない妊婦さんは心臓に近い子宮底より足に近い子宮口のほうが冷えています。胎児は四肢より頭が先に成長します。まだ髪の毛もなく心臓も未発達なので頭が冷えるのは危険です。それで頭が温かい子宮底のほうに向き、逆子になってしまいます。

糖質制限について

現代人は糖質を摂り過ぎているというのは間違いのない事実です。糖質をたくさん摂取すると血糖値が上昇し、それを抑えるためにインシュリンが分泌されます。インシュリンは余った糖質を中性脂肪に変え、太る原因になります。

春の食べ物と陰陽

段の食生活や生活のリズムが陰性に傾いている人は別として、冬の間ぎゅっとしまって陽性になっている人はこの時期山菜やタケノコを食べて少しずつ体をゆるませてあげましょう。陰性体質の人も煮たり焼いたりすることで食材は陽性に傾きますのでおぼえておきましょう。

イベント情報と九州報告

会いはすべて必然です。会えないのも必然。会えなかったときはまだ会う準備ができていないのかも。そんなときはゆっくり時を待ちましょう。隣や正面に座った人との縁もなにかあるのかもしれませんね。袖すりあうも他生の縁とはよく言ったものです。

宇宙と五行

人の体もまた、宇宙と相似形をなしています。宇宙を構成する五要素=五行は、そのまま私たちの体の構成要素。そして細胞も、その細胞を構成する分子や原子も五行に配当します。