「半身浴」タグの記事一覧

全身浴と半身浴

冷えとりのABC

冬のぬるいお風呂の全身浴には ●長い時間をかけて体の内部まで温めるので上半身と下半身の温度差が解消します。 ●浮力に身をゆだねることで、筋肉の緊張をほぐし全身リラックス効果が得られます。 ●お湯の水圧で血流を良くして、デトックスを促します。 ●上半身もお湯に浸かることで下半身だけでなく全身で毒出しされます。 ●長時間の入浴で体温が上がり、ヒートショックプロテインが増えて免疫力が上がります。

お風呂で寝ちゃう

冷えとり実践法

「お風呂で寝ちゃうけど大丈夫でしょうか?」との質問がありました。寝てください!(^^)!半身浴中に1時間寝ると2時間半身浴するのと同じ効果があるといいます。ご存知のようにリラックスすると副交感神経の働きが盛んになります。

「冷え取り君」

冷えとり実践法

忙しいとき、お風呂が渋滞して空いていないとき、来客があるかもしれないときなど、半身浴ができないシーンって多いですよね。また、病人や体調が悪い時など体の状態によっても半身浴ができないこともあります。そんな時は足湯です。くるぶしが浸かるくらいの深めのバケツに半身浴よりちょっと高めのお湯を入れて素足を浸してください。足湯も何時間でもかまいません。

半身浴の基本

冷えとり実践法

えとりの中心は半身浴!靴下の重ね履きも足湯も湯たんぽもすべて半身浴の補完でしかありません。できる限り長い時間半身浴をしましょう。今の暮らしのなかで一番大事なことが病気治しの人は、10時間でも15時間でもお風呂に入ってください。

半身浴の温度について

冷えとり実践法

交感神経が刺激されると血管が収縮します。それで血の流れが悪くなってお風呂から出ると湯冷めしてしまいます。湯冷めしないためには40度以下のお風呂に長く入ることです。いっぽう40度以下のお風呂は副交感神経、お休みモードです。

症状即療法

毒出しと好転反応

めんげん(好転反応)は冷えとりしているいないにかかわらず出てきます。東洋医学では「症状即療法」といって、肌がただれる、熱が出る、下痢をするなどの症状はすべて体が治そうとして起こしていることだと考えます。

有害物質との付き合い方

毒出しと好転反応

PM2.5は空のかなたから飛んできますし、日本に住む私たち全てが3年前に比べ何倍もの放射性物質を取り込んでいます。ダイオキシンは母乳に出るまでになっていますし、いまや私たちの食卓の9割には遺伝子組み換えの原材料が含まれています。

入浴剤の話

冷えとり実践法

重曹は水に入れると炭酸ガス(二酸化炭素)を発生します。この炭酸ガスが皮膚から吸収されると体内の血中を巡り、吐く息としてでていきますが、このとき体を保温して、血行を促し血液が酸素を運ぶのを促す効果があるそうです。

ページの先頭へ