「化学物質過敏症」タグの記事一覧

原子力発電について

社会と心の問題

体にとりこまれた放射能(正確には放射性物質)は放射線を出して細胞のDNAを傷つけます。傷ついた細胞が増殖するときに、細胞の修復が間に合わなければ、悪性の新生物になっていきますが、冷えとりしていて細胞が元気なら悪性になりにくい、免疫や自然治癒力が働いてなんとかしてしまう。そんなことだってありえます。

有害物質との付き合い方

毒出しと好転反応

PM2.5は空のかなたから飛んできますし、日本に住む私たち全てが3年前に比べ何倍もの放射性物質を取り込んでいます。ダイオキシンは母乳に出るまでになっていますし、いまや私たちの食卓の9割には遺伝子組み換えの原材料が含まれています。

香り成分は化学物質

毒出しと好転反応

人工的に合成された香りの主成分はアントラニル酸メチルなどの化学物質で、頭痛や吐き気、倦怠感を訴える人は数年前に比べ急増しているそうです。体内に入った人工香料は肝臓や腎臓を痛めつけます。 「めんげん」は楽しい!とか言ってせっせと排毒するのも大事です。 でも、その前に体に入れないよう、匂いのきついところへは行かない、家庭内に人工香料の入ったものは持ち込まないなどの防御も大切です。

ページの先頭へ