同じウイルスや病原菌が入ってきても病気に「なるか、ならないか」あるいは「重いか軽いか」は体内の瘀血の割合によるっていうのが東洋医学の見方だそうです。