「タネと土からみえてくるヒトと野菜の未来」講演会

おいしくて安全な野菜を作りたい方へ!

注目のイベントです!!


在来固定種のタネを販売している

浜松「浜名農園」の中村さんをお迎えして

流通しているタネの現状、

在来固定種のタネの魅力、

これからの野菜づくりとは・・・!


をテーマにお話を伺います!


農家の方はもちろん、家庭菜園される方、農業に関わる仕事をされている方に

ぜひ聞いていただきたいタネと野菜の未来です。


固定種、在来種の話を聞く貴重な機会です。

ぜひぜひご参加ください!!


 


浜名農園 中村 訓さん 講演会


「タネと土からみえてくるヒトと野菜の未来」


日時 9月1日(日) 13時~16時

場所:てくてく (飯田市上郷飯沼2234-5 国道153号線南条交差点そば)

会費:1000円

定員:20名


内容

・やさい種の種類と特徴(在来種や遺伝子組み換えなど)

・種が変わってきた理由

・日本産種子と海外産種子

・世界の種戦略と日本の種苗会社

・種の不思議と在来種の魅力

・安心できるやさいづくりから健康を増進するやさいづくりへ

・育てる人、料理をつくる人が野菜に与える影響(カンタンな実験)

・美味しいはこころとからだのためになる味

ほか


中村訓(なかむらさとる)プロフィール


1968年浜松市生まれ、東京農業大学卒業後、エコロジーショップGAIAで野菜の販売時にもっと美味しい野菜があったはずと、1997年在来種固定種を探し種苗業の三代目を継ぎ全国へ通信販売始める。と同時に土壌の重要性を知り研究に約10年、交換不要のプランターの土「畑懐の土」を開発生産。あなたらしく生きるをテーマに家庭菜園のノウハウの指導提案に力を注いでいる。年間約2.000人の方に種苗をお届けしている家庭菜園応援団。


 


 tane


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。