エシカルとてくてく

日々のお買い物が、環境や社会にどのような影響を与えていくのかを考えて商品を選んでほしい。それは、てくてくを始めたときからずっと、わたしたちが伝えているメッセージです。

てくてくは店名に「オーガニック&エコロジー」という言葉をかぶせています。てくてくのコンセプトを表すなら、「オーガニック&エコロジー&フェアトレード&ヘルシー&サスティナビリティ」と言いたいところですが、長ったらしくなってしまうので、シンプルに「オーガニック&エコロジー」としています(それでも長いッ)。

これらのコンセプトをまとめると「エシカル」と言い換えられるのかな、と思いました。「エシカルショップてくてく」。どうですかね?ただ「エシカル」という言葉はまだあまり普及していないようで、店名のキャッチとしてはわかりにくそう。それに「ロハス」みたいに、ブームになったものの消えていくような言葉だったら困ります。

ところで、消費者庁が「エシカル消費」というキーワードで普及・啓発活動を行っているのをご存じですか?「エシカル」とは、さまざまな社会問題に対して、環境、社会、人権に配慮する行動を起こして解決していこうという思想。「エシカル消費」は、身近なお買い物を通して、地球上に生きるみんなが暮らしやすい社会をつくっていこうというものです。近頃は全国の自治体でも「エシカル消費」の取り組みをすすめています。

今までも、オーガニックな食品を選んだり、合成洗剤ではなく石けんを使っている方もいらっしゃるでしょう。

オーガニックの食べ物を選ぶことは、「おいしいから」「健康のため」「自分の安心安全のため」だったかもしれないけど、これからはもう一歩すすんで、農薬や化学肥料を使わないことで農地や水を汚さない、生産者の健康を守る、国内の農業を支援することを理解して、問題の解決に結びつくような行動を起こす。

石けんを使うのは、今までは「からだにやさしい」「汚れ落ちがいい」からだったけれど、これからは、生分解が早く環境を汚さない、原材料の生産のために森林破壊をしない、などの観点で商品を選んでいく。

そんなふうに意識をもう一歩社会に広げる考え方がエシカルです。

いいものを安く買うのが今までの賢い買い物でしたが、開発途上国の立場の弱い生産者から不当に安い価格で買いたたいて原材料を仕入れたり、劣悪な労働条件による健康被害や児童労働などの上に、その「安さ」があることを知ることが、これからのわたしたちの本来の「賢さ」です。

「買い物は投票」です。わたしたちが何を選ぶか(買うか)によって、社会は良いほうにも悪いほうにも変わります。

エシカルは、生活のなかのひとつひとつの行動の選択です。そしてその行動の先に「命」があることを感じてほしいと思います。作る人、運ぶ人、原材料を育てる土、水、海、空気、太陽、微生物。ひとつの買い物の中にたくさんの命がある。それらによって生かされていることに気づきながら、日々暮らしていければと思います。

 




「長野県版エシカル消費 キックオフフォーラム」

パネルディスカッションでお話させていただくことになりました。いやはや、もっと適任者はいらっしゃると思うんですけど、エシカル・ペネロープの原田さんが出席されるということなので、お会いしたくてお受けすることにしました。

てくてくだけでなく、昔ながらの自然食品店やエコ雑貨屋はみんな、「エシカル」な意識でお店をやってきていると思います。「エシカル」という言葉が後からついてきた感じがしますが、ここ最近、そういう昔ながらのお店も「エシカル」を謳うようになってきました。

わたしたちがお店を始めた25年前は、オーガニックや有機は特別なモノでした。これらがどこでも誰でも気軽に買えるようになって、わたしたちが廃業するくらい普及するといいね、なんて話をしていたものでした。「エシカル」も、今はまだなじみがない言葉かもしれないけれど、時代はどんどん進んでますから、あっという間に広まるかもしれませんね。

実は・・・「エシカル『消費』」という言葉がしっくりきません。大辞林によれば「消費」とは「物・時間・エネルギーなどを使ってなくすること」「欲望充足のために、生産された財貨・サービスを使うこと」。「エシカル」という思想に対して、費やしてなくすことを意味する「消費」という言葉は、どうも結びつきにくい気がするのです。

お金は愛のエネルギー。循環し巡らせるもの。それに経済活動はいまや、お金を介することだけではなくなってきていますしね。もっと別の言い方はないものでしょうか。エシカルな交換、エシカルな生活、エシカルな暮らし、とか・・。

目指す社会のイメージによって言葉の定義もこれから変わっていくことでしょう。「エシカル消費」の先にどんな社会を見たいのか。大事なのは、そこかもしれないです。

 

長野県版エシカル消費 キックオフフォーラム
詳細・参加申し込みはコチラ

どんなお話が出てくるのか、わたしも楽しみです。
よろしければお話聞きに来てくださいね。
エシカルマルシェにも出店します。