足の温度を計ってみました

現代人は、どんな人でも、立って生活している以上

上半身より下半身が冷えてしまいます。


体温が36.5度から37度くらいであるのに対し、

足の指先は30~31度。

6~7度も差があるんですって。


でも、冷えとりしていたら、体温も足の温度も上がったという話を聞いて

わたしも計ってみました。


結果

体温 36.8度

足先 36.5度


すごい!


なにがすごいって、今まで低体温気味だったのに

36.8度も体温が上がっている!


しかし、気温も高いので、相対的に高くなってるのかもしれません。

だって、体温計が、35.1度から下に降り下がらない。。(笑)


それにしても、足先36.5度はすごいです。


夏でも冬でも足先が冷たくて仕方なかったのに。

こう、数値で結果をみると、なんだか「やったね!」って感じになりますね。


もちろん数値以外にも

いろんな変化もあるし、感じることもいっぱいあります。


そんなこと、このブログにもぼちぼち書いていこうかなあ。


 


 


 


 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。