たべること は いきること

私は、映画を観ることが好きで、地元群馬にいる時も

ミニシアターへ行き、映画を観ることが楽しみのひとつでした。

(最近は全然観れてないなぁ。。。)

去年は特にドキュメンタリーを多く観ていた気がします。

ミツバチの羽音と地球の回転』を観てから、ドキュメンタリー映画の

魅力に惹かれ、観る機会が増えたのだと思います。

 

特に最近、 “食” を見直す機会が増え、よく思い出す映画があります。

それは、『フード・インク』という映画です。

 

日常の何気ない食事が、いかに工業化されているか。

衝撃的な映像と事実を目の当たりにして、考えさせられる映画でした。

加工技術や流通がここまで発達し、大きなシステムが組まれてしまったなかで、

私たちは何ができるのだろう。。。

これから “食” を取り巻く環境はどうなるのだろう。。。

“たべること は いきること” なのに。

そんなことを考えてしまう日々ですが、もっとシンプルに

できることをやるしかない!と改めて思ったりもします。

 

『フード・インク』の映画の中で、とても印象的な言葉があります。

 

《システムを変えるチャンスは、1日に3回ある》

 

 という言葉です。

私たちの何気ない日々の暮らしから、少しずつ 少しずつ

変わっていくのだと思います。

 

今日帰ったら何を食べようかな。。。♪

一人暮らしなので、時間もなかなか作れず、

忙しなく過ぎてしまう毎日だけど、

毎日みんなの笑顔と一緒に、楽しい暮らしをしていきたいなぁ~

“今” という時間は一生のうちで “今” しかないですもんね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。