ネパール・ソーシャルニットプロジェクト その後の活動報告

「編み物で仕事づくりを!」


昨年9月、第3世界ショップさんの呼びかけで

ネパールから招いたアリやさんのお話を聞く

「ネパール復興支援イベント」を開催しました→


ネパールの女性が仕事をもつことで

暮らし、地域、社会の復興につなげたいと

立ち上がったのが「ソーシャルニットワークプロジェクト」。


イベントでも呼びかけられ

わたしもトラスト会員として製品が届くのを

楽しみに待っているところです。


ネパールでは女性たちの編み物の訓練も始まり

製品化に向けて試作品も作られています。


編み物は初めてではないにせよ

製品として販売できるクオリティにするには

技術を学び、トレーニングが必要とのこと。


また、編み物だけでは、生活するのに十分なお金を得られないため

他にもいろいろ仕事をしなければならず

編み物に集中できないという問題もあります。


持続的に仕事を続け、成長できる事業にしていくためには

まだまだ課題がたくさんあります。


それでも、一歩一歩前に進んでいくプロジェクトを

少しでも応援できたら、と思っています。


いまは、応援・支援と言っていますが

わたしはネパールやアジアの人々の暮らしが

実はこれからの日本の方向性のヒントに

なるような気がしてならないのです。


ネパールという小さな国から

学ぶこともたくさんあると思います。


そんなことを含めて

これからも見続けていきたいと思っています。


第3世界ショップ/プレスオールタナティブの通信に

掲載されていたソーシャルニットプロジェクトについての記事です。


編み物に使う毛糸も募集しています。

あまった毛糸、家で眠っている毛糸があれば、ネパール支援に役立てませんか?


↓クリックすると拡大します


1602nepal_1


 


1602nepal_2


 


 


 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。