ネパール復興支援トークイベント

9月5日に飯田市のネパール料理店「アンナプルナ」で

ネパール復興支援イベントを開催しました。


第3世界ショップさんの呼びかけで

ネパールから招いたアリヤさんに、ネパールの現状をお話していただきました。


ネパールの現状としては

・崩れたりヒビ割れた建物には住めないため、テント生活が続いている

・観光産業が主な収入のネパール。空港やホテルなどの観光設備は大丈夫なので

どんどんツーリストに来てほしい。

とのこと。


編み物を通して仕事づくりを!という呼びかけには

ネパール全土から、協同組合の代表の女性たちが100人以上集まり

技術訓練などを受けて、また地元に戻り

各地で仕事を広げていくという構想だそうです。


ネパールには伝統的習慣的に編み物をする人が多くて

日常の中に編み物があるのだけど

それを製品として販売できるクオリティにする必要がある。


アリヤさんは、技術の向上や製品化はもちろん

編み物を通して人々が集まり、コミュニティをつくり

支え合う力をつけていくことを展望している。


25歳の若さで、おそらくネパールでは相当エリート。

自国に産業がないネパールでは、エリートの多くは海外に行ってしまうのに

ネパールに残って震災後という厳しい状況の中で

経済や社会の自立を目指して奮闘しようというアリヤさん。


話を聞けば聞くほど

ネパールという国の根本的な貧しさの問題が根強く

そこに追い打ちをかけるような地震の被害。


ソーシャルニットワークプロジェクトの成功が

彼らの希望になれば、と思います。


 


nepal

アリヤさん、第3世界ショップの樋口さんと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。