やっぱりパッケージデザインって大事

国産小麦使用、化学調味料不使用のインスタントラーメン


てくてくが店を始めた20年前は

無添加のインスタントラーメンなんてまったくなくて

これが登場した時には大革命的でした(笑)


オーガニック・マクロビ業界では


国産小麦100%使用

化学調味料、合成着色料・保存料無添加

かんすいも不使用

たん白加水分解質も不使用


というレベルは当然のこと

さらに!


砂糖不使用

動物性原料不使用


までに到達したラーメンがあります。


それが

オーサワのヘルシーラーメン


osa

原材料は

【麺】小麦粉(北海道産)、小麦グルテン、塩(シママース)

【スープ】醤油、発酵調味料、香辛料(ガーリック・ネギ・オニオン・こしょう)、ごま油、食塩、メープルシュガー、酵母エキス、馬鈴薯でんぷん、昆布粉末

価格186円(税込)


インスタントラーメン業界としては

おそろしいほどのレベルだと思いますが

如何せん パッケージが地味!


もっと知られてもいい、売れてもいい、価値が認められてほしい商品なのに

このパッケージ、店頭でも目立たないし、良さが伝わらない。

すごくもったいないと思います。


 


それというのも

先日ネットで見つけたインスタントラーメンのパッケージが

あまりに衝撃的だったので。


kirin


これです。キリンラーメンってなにごと??

ネーミングも、レトロなデザインも目を引きます。

国産原料を使っていることも大きくアピール。


原材料を見れば

油揚げめん[小麦粉(国産小麦100%)、植物油脂(パーム油)、豆乳(国産大豆100%)、米粉(国産米100%)、食塩]
食塩、粉末しょうゆ、酵母エキス、香辛料、砂糖、乾燥ねぎ、植物油脂、混合節粉末、かんすい、炭酸カルシウム


と、オーガニック・マクロビ業界的にはやや詰めが甘いのですが

ほどほどのレベル。

細かいことにこだわらなければ、これでも十分という消費者も多いでしょう。

価格は158円(税込)


内容以前に

店頭にこの2種類のラーメンが並んでいたら

どっちを手に取るかっていう話です。


そして、キリンラーメンのほうが話題性として取り上げられやすい。

ブログやフェイスブックに書きたくなるじゃないですか。

ほら、こんなふうにね。


オーガニック・マクロビ業界の大きく出遅れているのは

このデザイン性なんです。


よいものが伝わらない。


これ、20年店頭で商品を扱いながら

ずっと課題だと思い続けていること。


そろそろなんとかならないかなあ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。