シサム工房2017春夏展示会@京都

早いもので、もう来年の春夏アイテムの予約時期です。

今回も京都へ日帰りで行ってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2017SSのシサム工房のテーマは「大地に吹く風」

大地に根付いた生活をする人々が、
当たり前の暮らしを送る中で生み出したデザインや、ちょっとした工夫に
美しさを見出しインスピレーションを受けて生まれたお洋服たちです。

アフリカの伝統デザインをモチーフに落とし込んだり
インドの生活着からヒントを得てデザインが生まれたり
ワクワクする工夫が凝らされています。

5_R

こちらのワイドサルエルパンツは
まっすぐに裁断された5枚の生地を直線縫いではぎ合わせて作られています。
そう!直線断ち、直線縫い。
縫製の苦手な人や初心者さんでもベテランさんでも
どんな技術でも縫えるまっすぐラインにすることで
お針子さんの仕事づくりを支えるデザインになっています。
なんて思いやりのあるデザインでしょう!
そしてもちろん着る人にとっても
適度にからだのラインを隠し、ゆったり気持ちよく着れるデザイン。
まさに、作る人も着る人も幸せになる服ですよね。


7_R

わかりにくいですけど、実は前身ごろに
大きなポケットがついている遊び心のあるトップスです。
透けず、暑すぎず、脇も高いので1枚で着られます。

パンツはスカートのように見えるフクロパンツ。
意外と着回ししやすく、自転車にも乗れるそうです。


2_R

縫製技術がグレードアップして
さらに肌触り、着心地よくなったオーガニックコットンシリーズ。
どんな体型、年齢でも着こなせるように細かいところでいろいろ仕込んで作られています。

8_R

見てください、この薄さ!これで「手織り」というから、驚きです。
細い細い糸を時間をかけて打ち込むショールは羽衣みたいです。
あまりショール類が充実していないてくてくですが次回は発注してみようかな・・!

 

ほかにも・・・

6_R

400年の歴史を持つインドの「チカン刺繍」ブラウス。
インド国外にはあまり出回らないレアな刺繍なのだそうです。

 

シサムの展示会に行くたびに
技術、クオリティがあがって、どんどんいいものになっていくのがわかります。
ものづくりの苦労も愛情も伝わってきて、
ほんとに、こういう服がちゃんと売れてほしいなあ、と思います。
わたしたちも、売るための工夫をいろいろしていかなければ、ですね。

1_R

来年の春夏モノ
ぜひぜひお楽しみに!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。