究極のフリーサイズ サロンスカート シサム工房

二枚布サロン アジアン筒型巻きスカートフリーサイズ腰紐付き シサム工房

くるっと巻いてヒモでしばるだけ
筒型巻きスカート「サロン」

サロンとは、本来インドネシアなどアジア各地で男女が日常着として着る民族衣装。
布を筒状に縫ったシンプルな形をしています。
そのシンプルさゆえに、究極のフリーサイズボトムとして使えます。
年齢とともに体型が変わってもオシャレな普段着として楽しめ、
妊婦さんになってももちろん出産後も使えます。それはまさに「女性の一生に寄り添う服」。
アイデア次第で使い方はぐっと広がります。

★てくてくねっとイチオシ サロンスカート

2種類の生地を組み合わせたおとなのデザイン

今季のシサムのサロンスカートは2種類。
晩夏のスタイリングに合わせやすい落ち着いたカラーです。

平織りで薄手の気持ち良い肌ざわりで、晩夏~初秋にぴったりの生地です。
ヨコ糸を一度に2本ずつ織り込んでいくことで、厚みとふんわりとした感じを出しています。
秋の始まりを感じる色味を揃えています。

二枚布サロン アジアン筒型巻きスカートフリーサイズ腰紐付き シサム工房

イエロー×グレー

二枚布サロン アジアン筒型巻きスカートフリーサイズ腰紐付き シサム工房

ブルー×グレー

季節の変わり目に大活躍

まだまだ暑さは残っているけれど、少しずつ秋の気配が近づいていますね。
なにを着たらいいか迷いがちなこの時期に、サロンスカートは大活躍します。

トップスは薄い夏のスタイルで涼しげに。
下半身にスパッツや細身のボトムを履いて
サロンスカートを重ねてしっかり温めれば
自然と頭寒足熱の冷えとりスタイルになります。

気温差が激しい日でも、下半身が温まっていると
体調への影響も少なくてすみ、楽に過ごせますよ。

この秋、サロンスカートデビュー してみませんか?

 

★二枚布サロン アジアン筒型巻きスカート

★シサム工房フェアトレードファッション 2016年コレクションはこちら

 

ネパールのフェアトレードNGOが作っています

生産者フェアトレードNGO 「マハグチ/Mahaguthi」ネパール

マハグチは、ネパールのカトマンズにあるフェアトレードNGOです。ネパール国内の小規模手工芸生産者に技術指導や生産機会を提供し、ネパール国内だけでなく、世界中にフェアトレード商品を届けています○マハグチはもともと、ネパール内で困窮した状況にある女性を保護し、職業訓練を行う福祉施設、「アシュラム」の販売部門として1984年に設立されたのが始まりです。今でもマハグチの利益の40%は、「アシュラム」の貴重な運営費として活用されています。○「アシュラム」は1927年に設立され、80年以上もの間、多くの女性達の未来への扉として機能し続けてきました。「アシュラム」で2年間の職業訓練を終えた女性達は、ミシンを1台支給され、戻った自分の村で自立への道を歩み出しています。○マハグチは「フェアトレードとは、お金ではなく人を中心に据えたビジネスで、伝統文化と職人達を尊重した経済活動のこと。公正な賃金と技術指導を提供できれば、貧しい人々も、自ら自分の人生を切り開くことができるのです」とその長い歴史から頼もしく断言してくれました。○ フェアトレード組織の国際的ネットワークである”World Fair Trade Organization -WFTO” の正式メンバーです。マハグチの持ち味はなんといっても、女性のシェルター「アシュラム」の女性達が日々手作りの木製の機織機の前に座って、一筋一筋、ぱたりぱたりと手で織ったその生地です。一枚一枚丁寧に織られた生地を取り入れ、しっかりと着られて使える製品が出来上がります。特に、ネパールの女性のマストアイテム「スルワール」は、シサムが今とても注目しているボトムです。履き心地楽々、スタイルユニーク、それでいてどんなトップスでも合わせやすい。ファッションに差をつけられるヒット間違いなしのアイテムです。伝統文化を大切にするネパールの風をみなさんも楽しんでください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。