温活美人♪おなかぽかぽか♪はらまきパンツ

umschp5_top

おなか、背中、お尻、太ももをすっぽりあたためます

お腹・背中をあたためる腹巻と
お尻から太ももをあたためるパンツが一体型になった
「はらまきパンツ」

梅雨に入って、蒸し暑い日があったり、肌寒い日もあったり
冷たいものを食べたり飲んだりすることも増えて
てきめんに!お腹を冷やしてしまいます。

そこでオススメなのが
1枚で、おなか、背中、お尻、太ももを
すっぽりあたためる「はらまきパンツ」

お腹・背中をあたためる腹巻と
お尻から太ももをあたためるパンツが一体型になっています。

無縫製のすっきりシルエット

harapan5b_back

無縫製や立体縫製が可能なホールガーメントという編み機で
1枚につき約50分かけて編み立てています。

通常ニットウェアは、前身頃、後身頃、袖といった別々のパーツを編んだ後で
一緒に縫い合わせてできています。
ホールガーメントニットウェアは、一着まるごとの状態で、
編み機から直接、立体的に編み上がります。

だから、縫い目のごわつきもなく、すっきりしたバックスタイル。
薄着の季節にはうれしいですよね。

harapan5b_img

からだの凸凹に合わせた立体編み。
お尻の部分は、こんなふうに、ちゃんとふくらんでいるので
もたついたり、引っ張られたりするストレスがありません。

内側はシルク、外側は綿

肌に触れる面はシルク、外側は綿の二重構造。
シルクのしっとりした肌触りと、綿の丈夫さを兼ね備えています。

やわらかくて、よく伸びて、軽くフィットする着心地。
なにより、お腹も背中もじんわりあたたかい気持ちよさを
体感していただけます。

お腹をあたためる大切さ

わたし、信州の夏をなめてました。
正確に言うと、信州の夏の夜の冷えを、なめてました。

温暖化の影響で、信州も日中はそこそこ温かく
猛暑日になる日も増えてきましたが
夕方になると急激に気温が下がり
朝方はぐっと冷え込む。

だというのに、わたしときたら
昼間より薄着で寝ていたのです。
いくら、布団をかけているといっても
湯たんぽを入れているとしても
お腹まわりは、すーすー、してました。
寝ている間、ずっと冷えをためこんでいたわけです。

靴下をたくさん重ねていても、
なかなか冷えがとれなかった理由がわかりました。

よく、冷えとり靴下を履いていると
足の冷えがわかるようになる、といいますが
はらまきパンツを着るようになったら
お腹の冷えがはっきりくっきり、わかるようになってきました。

そうするとお腹が文句言ってるのも聞こえるのです。
-冷たいものは入れないで
-じっとしてないで、もっと歩いて
-食べすぎだよ、重たいよ
-ためこんでるもの、吐き出したら?

・・・・・・(^ ^;)

特に女性は 子宮というパワースポットがあって
閉経してても子宮がなくても、そこは命の源。
お腹をあたためて、気を満たし、めぐらせることは
生命力を高めることでもあるんです。

内臓があたたまれば、からだの不調も軽快するし
子宮があたたまれば、生命力もアップ!
まさに、温活美人♪

腹巻なんて、恥ずかしい、めんどくさい、みっともない
そんな先入観は捨てて、からだが気持ちいいこと、優先して
温活美人になりましょう~♪

 

>>ただいま新発売SALE中!温活美人♪内絹外綿はらまきパンツ 5分丈

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。