シサム工房2016秋冬展示会@京都 その2

展示会では、大地震後のネパールの現状についてのお話し会もありました。


てくてくで扱っているフェアトレード商品のうち、

シサム工房を通じて入ってくるネパールの製品は

「サナハスタカラ/Sana Hastakala」「マハグティ/Mahaguthi」という

現地NGO生産団体の製品が主になっています。


シサムでは、

ネパールのフェアトレード団体19団体が加盟するネットワーク

「フェアトレード・グループ・ネパール(FTGN)」を通して

各フェアトレード団体や生産者への支援を続けてます。


地震が起きた時は、

ちょうどシサムへの商品出荷前の準備をしている時で

製品ががれきに埋もれたり、割れたり、作業場にひびが入って

仕事ができなくなったり・・・という大変な状況の中

商品の発送をしてくれたのだそうです。


シサム工房HPより

シサム工房HPより


フェアトレード関係者への影響としては

75%のフェアトレード加盟NGO

10地域以上のプロジェクト地

が、被災されました。


震災直後は、食料や人的ボランティア参加による救助活動、

その後、医療やテント、生活再建のための現金配布などの

支援を続けています。


これからは、家や仕事など

長期的な支援への取り組みが必要になってきます。


ネパールはそもそも、世界の中でも最貧国のひとつ。


2012年国民一人あたりの年間所得が 735ドル

貧困率が 約25%

出稼ぎ世帯が 約55%


これは、ネパールの国内で経済がまわっていないということです。

政治も内戦が続き、インフラなどの公共サービスが滞っている状態です。


一日12時間停電するような電気事情


10日に1時間しか通水しないような水不足


さらにインドとの物資搬入経路の国境が閉鎖され、

インドからの物流がストップしてしまったことで、

ガソリン、灯油、医薬品、食料などの不足が深刻化しています。


特にガソリン不足は深刻で、

ガソリンスタンドには連日長蛇の列が並び

徹夜で並んで10リットル給油できても、

1週間後まで給油できない、という厳しい状況だそうです。


 もともとの貧困状況に、大震災、

さらにインドからの物資が入らないという

3重苦、4重苦、5重苦という大変厳しい状況が

まだまだまだまだ、続いていて


お話を聞いていても

いったいこの先どうなるのか、どうしたらいいのか

途方に暮れるばかりで

自分たちにできることは何なのか

考えさせられることでした。


現地に出向いた副代表のひとみさんによると


ネパールの生産者グループでは

日本からの支援や応援メッセージをとても喜んで

励みにしているとのこと。


シサム工房HPより

シサム工房HPより


 隣国のインドのフェアトレード団体でさえ

いま、ネパールがどのような状況か知らなかったというほど

陸の孤島、世界から置き去りにされかかっているネパールのことを

多くの人が関心を寄せて、まずは知ることが

大事だと思いました。


そして、政府や政治があてにならない状況だからこそ

民間のさまざまな支援が重要になってくるし


フェアトレードを通じて経済力をつけることで

底辺から力をつけて、国民の力でネパールを立て直す


そんな支えに、少しでも協力できれば、と思うことでした。


 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。