べとつかない! 爽やか「い草」のカーシート

暑い日が続いていますね!

車の中も相当温度が高くなっているのではないでしょうか。熱をもったシートに座ると、汗が吹き出してくるようです。

そんな車内を快適に過ごすグッズが「い草のカーシート」

凸凹に織りあがった い草なので、ぺたっとした不快感がありません。汗をかきやすい背中と座面の部分がさらっと快適です。

い草特有の香りは森林浴効果もあり、ドライブ中もリラックス♪

さらに、い草の中は、スポンジ構造になっていて、空気をたくさん含んでいます。湿度が高いときは、表面の気孔から湿気を吸収し、室内が乾燥すると、 水分を放出して湿度を一定に調節します。そのため夏は、涼しく、冬は、暖かく感じます。い草製品を使用することで、冷暖房の使用を控えることが出来ます。
また、室内の汚染物質(二酸化チッ素やホルミアルデヒド)を吸着、分散するパワーがあります。

い草は、畳に代表されるように、昔から日本で親しまれてきた素材ですが、今では、日本で出まわっている畳表やい草製品の約85%が中国産です。しか も年々日本のい草の作付面積は減少を続け、このままでは1300年の日本のい草の歴史や、日本ならではの畳文化が、幕を閉じることになります。

住宅環境も西洋化され、畳の部屋が少なくなり、畳やい草製品を使用する機会も減りました。

「い草 カーシート」を製作している熊本の「水の子会」では、日本のい草文化を守り広げるために国産のい草の生産と製品作りに取り組んでいます。

さわやかな肌ざわりに、ふっと子どもの頃を思い出すようななつかしさを感じるい草。

ぜひ暮らしの中に取り入れてみてください。

●い草カーシートについて 詳しくはこちら>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。