節分の由来 節分に豆をまくのはなぜ?

2月3日は「節分」ですね。


子どもの頃は、節分の夜になると

家々から「鬼は外、福は内」の声が

響き渡っていたものでした。

豆をまいて、拾って、歳の数を数えて食べる

素朴な風習ですが、昔ながらの知恵や深い意味があります。


節分の由来


そもそも「節分」とは季節の分かれ目の日のこと。

本来は「立春、立夏、立秋、立冬」の前日を指し

1年に4回あるものした。


そのなかでも立春は旧暦のお正月。

あたらしい1年のはじまりとして大切な日なので

立春の前日だけが節分として残っています。


豆まきの由来


立春がお正月なら、前日の節分は大晦日。

平安時代の宮中では

旧年の厄や災難を祓い清め、福を呼びこむために

「追儺(ついな)」の行事が行われていました。


災害や病などを起こす邪気を鬼に見立てて

豆をぶつけて鬼を追い出す行事として

民間にも広がっていったのです。


豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があります。


また、豆まきに用いられる豆は炒り豆でなくてはいけません。

生の豆を使って拾い忘れたものから芽が出てしまうと

縁起が悪いとされているからです。

(→国産大豆使用 ポリポリ食べられる炒り福豆


「炒る」は「射る」にも通じ、

鬼の目に投げつける=「魔目」を「射る」ことで

「魔を滅する(魔滅=まめ)」となるわけです。


陰陽五行では鬼や大豆は「金」にあたります・

この「金」の作用を相剋する「火」で大豆を炒ることで、

鬼を封じ込めるという意味があります。


豆まきのやり方


家長や年男、厄年の人が

「鬼は外、福は内」などの掛け声とともに

家の奥から外に向かって豆をまき

家族がその豆を拾います。

このとき、歳の数か、歳より一つ多く豆を食べることで

病気にならないと言われています。


かけ声や、やり方は

地方や神社によってバリエーションがあります。


 


豆の後片付け


本来は、まいた豆を拾って食べます。

また、豆にお茶を注いで福茶にして飲みます。

食べない場合は神棚にお供えします。

捨てるときは白い紙に包んで捨てます。


ただ、現代の住宅事情や子どものいる家庭では

豆が散らばったり、踏んで粉々になって

困ることもあります。

必要に応じて片付けましょう。


小袋入りの福豆なら散らからず、あとで食べることもできます。

保育園、幼稚園、学校などでも便利です。

(→国産大豆使用 かわいい鬼ちゃんのテトラパック入り福豆


地方によっては殻付き落花生で豆まきするところもあります。

拾いやすく、食べものを粗末にしないというメリットも。

(→千葉の美味しい落花生※農薬・化学肥料不使用


大豆の話


日本の伝統行事である節分の豆まきですが

豆まきに使われる大豆の約7割がアメリカからの輸入。


アメリカで栽培される大豆の

約9割が遺伝子組換え栽培だといわれています。


つまり、日本で販売されている大豆の約8割が

遺伝子組み換えと考えられます。


国産の大豆なら安心です。


 


■国産大豆使用 節分 豆まき用福豆


国産大豆使用 炒り福豆

国産大豆使用 テトラパック入り福豆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。