浜名農園さんのタネと土の話

昨日は固定種・在来種のタネを扱う

浜名農園の中村さんの講演会がありました。


tane2


一般のタネは、流通の都合で、

たくさんとれる、味も均一、かたちもきれい、という野菜を求めて

交配品種をつくります。

食べておいしいとか、健康を増進するという視点では作られていないのです。


タネも土も、そこから生まれる食べものも

経済や効率を優先して

おいしさや健康は置き去りにされている現状。


ほんとにおいしくてからだにいいものを食べたかったら

自分で作るのが一番です!


浜名農園さんが扱うミネラル豊富な土と、血統のいいタネでつくれば

薬草レベルでからだに作用するおいしい野菜が作れるんですって!


固定種・在来種はタネとりができます。

ということは、たとえば自分が好きな味の野菜のタネをとって

増やしていけば、自分だけの好みの野菜が

作れるようになるんです。


おもしろいですね!


そんなお話伺ったら

すぐにでも自分で野菜をつくってみたくなっちゃいますね。


 

>> 浜名農園さんのタネと土はこちら


 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。