布ナプキンと「重ねばき靴下」

前回の続きです。

布ナプキンを使うことで下腹部まわりを冷やさないことが、
生理痛軽減につながるのではないか、と
わたしは思うのですが、もうひとつ、気づいたことがあります。

それは、ビデ。
ビデの温水で局所をあたためると
なぜか足先がじわ~~っとあたたかくなるんです。

下腹部と足先がつながっている? ということは、これは逆に
足先をあたためれば、下腹部もあたたまるのではないかな~??

それで、靴下の重ねばき。

冷えとり健康法では、24時間半身浴している状態を保つよう
重ねばきで下半身をあたためることをすすめています。

で、実際に靴下を重ねてはいてみたのですが
まず2枚重ねでは、ほとんど違いがわかりません。

でも、4枚履くと、違うんです。
足先だけでなく、腰回りまで包み込むようなあたたかさがあるんです。

お腹や腰にカイロはるのも、あたたかくていいんですけど
靴下の重ねばきは、なんだか内側からじんわりあたたまるような感じがします。

下腹部があたたかいと、丹田に気が落ち着くというか
気持ちも安定してくるような気がするし
生理中のイライラも軽減するような気がします。

「気がします」ばっかりですが
たとえ「気のせい」でも、こころとからだがラクになればいいですよね(^^)

クスリを飲む前に、
ああそういえば・・・あっためてみようかな、と 
ちょこっと思い出していただけるとうれしいです。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。