福島原発事故に伴う 生産製造者の放射線測定

てくてくねっとの取引先「ポラン オーガニックフーズ デリバリ(POD)」では
各地の農産物・農産加工品の放射能検査分析を独自に行っています。

てくてくねっとでは公表された検査結果を随時掲載し、情報公開に努めます。
判断、選択の参考にしていただければと思います。

【有機・ほうじ茶/玄米茶/番茶/くき茶】寺社畑園(岩崎さん)  静岡県静岡市清水区
採取日:6月12日 検査日:6月13日 検査機関名:同位体研究所
検査結果:不検出

※コメント
現在流通しているのは昨年収穫したもので、有機ほうじ茶の検査結果は「不検出」でした。
今年の新茶・荒茶に関しても「不検出」。(新茶の取り扱いはありません)
ほうじ茶/玄米茶/番茶/くき茶の原料となる二番茶は7月収穫の際に再検査する予定です。

 

【有機特上煎茶・新茶】依田健太郎さん  静岡県静岡市葵区梅ヶ島
採取日:5月16日 検査日:5月18日 検査機関名:同位体研究所
検査結果:187Bq/kg
検査機関の結果注釈:本検体の放射性ヨウ素換算値は、暫定規制値を十分に下回っている。

※コメント
数値は放射性ヨウ素131・セシウム137・セシウム134等全核種の合計値を放射性ヨウ素換算した数値です。
生葉換算37.4Bq/kg、飲用茶1L試算1.1Bq/kg

 

【奥会津天然炭酸の水】ハーベス  福島県大沼郡
奥会津天然炭酸の水330ml ⇒ 採水日 2011年4月14日
aQaizu(アクアイズ)500ml ⇒ 採水日 2011年5月10日
上記商品につきましては、放射性セシウム、放射性ヨウ素は不検出でした。
(食品環境検査協会分析結果)

 

(参考)【ゆうゆう鶏】湘南ぴゅあ 静岡県沼津市
生産地に最寄(沼津市)の環境放射線測定値等を定期的に確認しています。
3月11日以降、5月17日まで67日間で、最大測定値は3月22日の0.052マイクロシーベルト/時(μSv/h)でした。
静岡地方での過去の環境放射線平均値、変動幅は0.022~0.061マイクロシーベルト/時(μSv/h)でした。
【農産物等の放射性物質検査分析結果一覧】
試料名 生産地 採取日 検査日 検査結果 検査法 検査機関名 備考
なす 茨城県行方市 6月23日 6月24日 不検出 A 同位体研究所
新茶・荒茶 静岡県静岡市清水区 6月12日 6月13日 不検出 A 同位体研究所
マダーボール 千葉県山武市 6月12日 6月13日 不検出 A 同位体研究所
平飼い卵 埼玉県飯能市 6月9日 6月10日 不検出 A 同位体研究所
煎茶・新茶 静岡県静岡市葵区 5月16日 5月18日 187Bq/kg A 同位体研究所 生葉換算37.4Bq/kg、飲用茶1L試算1.1Bq/kg
奥会津天然炭酸の水 福島県大沼郡 5月10日 5月12日 不検出 B 食品環境検査協会 検出限界:20Bq/kg
※検査方法
A:Nal(T1)シンチレーションサーベイメーターによる放射性ヨウ素131換算測定。検量限界20Bq/kg
B:ゲルマニウム半導体検出器を用いたγ線スペクトロメーターによる核種分析。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。