布ごよみ手ぬぐいたおる 〔豆〕 33×100cm【メール便可】|布ナプキン、冷えとり靴下、無添加食品、マクロビ、自然肌着販売【てくてくねっと】

布ごよみ手ぬぐいたおる 〔豆〕 33×100cm【メール便可】


日本手ぬぐいとタオルの良さをあわせもった新しいタイプの手ぬぐいタオル


薄い、軽い、長い。日本の風土が生んだ、素晴らしい布てぬぐい。
その使い勝手とタオルの持つ吸水性をあわせ持った、まったく新しいタイプのタオルです。
長さもちょっと長めですので、首からかけても良し、
またお風呂タオルとして洗っても良し、これ一枚で色々な使い方ができます。


手ぬぐいタオル「布ごよみ」はこう使う

1)お風呂で使う
長いので背中にもまわりやすく、薄いので絞りやすい。
タオル地部分で泡立てれば、ボディタオルとして使えます。
もちろんからだを拭くこともできます。


2)首にかけたり巻いたり
アウトドアやスポーツに、首にかけたり結んだり。
生地が薄くかさばらないし
タオル地なのでしっかり汗を吸ってくれます


3)頭に巻く
100センチと長いので、頭に巻くにもちょうどいい長さ。
庭仕事、お祭り、お掃除など手ぬぐい以上に役に立ちます


4)旅行に
小さくたためてコンパクト!
これ1枚で、ハンカチやおしぼり、浴用タオルとして使えます。
暑い時は水で冷やして冷湿布、寒い時はマフラー代わりに。


5)プレゼント、お土産に
父の日、母の日、敬老の日のプレゼント
お誕生日ギフト、海外へのお土産に!

季節の風物や食べ物、動物やポップな柄・・

選ぶのが楽しくなるかわいい柄の数々!
家族で好きな柄を選んでそれぞれが持つのもいいですね。


緑がみずみずしい「豆」。
畑仕事にぴったりの柄です。

拡大画像はコチラ

  • メール便可
  • NEW

布ごよみ手ぬぐいたおる 〔豆〕 33×100cm【メール便可】

商品コード: kx525

販売価格: 648 (税抜600円)

これ一枚で、いろんな使い方ができます!

6 ポイント獲得!

商品情報

てぬぐいの歴史

手ぬぐいは、奈良時代には既に使用されていました。

さかんに見るようになるのは平安時代ですが、この頃は儀礼に使われていたようです。

庶民の間で広く使用されるようになったのは、江戸時代のこと。

輸入品だった綿布が、徐々に国内での棉栽培が盛んになり、木綿の染め手ぬぐいとして庶民の手に届くようになっていきました。

江戸時代中期以降は、歌舞伎役者の歓心を買うために観客が手ぬぐいを贈ったのを始まりとして、名刺代りに紋や名にちなんだ文様を配した、粋で趣向をこらしたものが多くつくられました。

当時、歌舞伎は流行の最先端で、その模様をみんなが真似ていったのです。

それ以降、手ぬぐいの柄はその時代の世相や流行や文化を表すファッション性の高いものとして庶民の生活の溶け込んでいき、現代まで引き継がれています。

そんな「てぬぐい」とタオルの機能をあわせ持った新感覚の商品が「手ぬぐいタオル」です。


商品情報

サイズ33cm×100cm
素材・製造綿100%/日本製
製造販売コンテックス(株)愛媛県今治市

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

てくてく取り扱い品イメージ