0120-787-980 (平日 10:00〜17:00)
えべすや今治産手ぬぐいタオル32×97cm
えべすや今治産手ぬぐいタオル32×97cm
えべすや今治産手ぬぐいタオル32×97cm
えべすや今治産手ぬぐいタオル32×97cm
えべすや今治産手ぬぐいタオル32×97cm
えべすや今治産手ぬぐいタオル32×97cm

えべすや 手ぬぐいタオル 生き物 7種 〔32×97cm〕 今治産 コンテックス

  • cotton
  • メール便対応
商品番号 kxea
¥ 1,100 本体価格 ¥ 1,000
[ 100 ポイント進呈 ]
送料パターン メール便
  • 赤金魚
  • 黒金魚
  • 滝のぼり
  • 白うさぎ
  • 蝶の舞
  • 五鯉躍
  • 江戸猫

商品詳細

サイズ32cm×97cm
種類五鯉躍、江戸猫、蝶の舞、白うさぎ、滝のぼり、黒金魚、赤金魚
素材・製造綿100%/日本製
製造販売コンテックス(株)愛媛県今治市


手ぬぐいの歴史

手ぬぐいは、奈良時代には既に使用されていました。

さかんに見るようになるのは平安時代ですが、この頃は儀礼に使われていたようです。

庶民の間で広く使用されるようになったのは、江戸時代のこと。

輸入品だった綿布が、徐々に国内での棉栽培が盛んになり、木綿の染め手ぬぐいとして庶民の手に届くようになっていきました。

江戸時代中期以降は、歌舞伎役者の歓心を買うために観客が手ぬぐいを贈ったのを始まりとして、名刺代りに紋や名にちなんだ文様を配した、粋で趣向をこらしたものが多くつくられました。

当時、歌舞伎は流行の最先端で、その模様をみんなが真似ていったのです。

それ以降、手ぬぐいの柄はその時代の世相や流行や文化を表すファッション性の高いものとして庶民の生活の溶け込んでいき、現代まで引き継がれています。

そんな「てぬぐい」とタオルの機能をあわせ持った新感覚の商品が「手ぬぐいタオル」です。


えべすや手拭いタオル


日本の伝統と粋にこだわった、美しくて実用的な手ぬぐいタオル


長い歴史の中で育ってきた、日本独特の美の感覚。
現代の生活に合った「古くて新しい日本の美」を提案します。
織り、染めの技、日本人が世界に誇る「粋」の美しさを現代の生活に取り入れてみました。
使い心地が良く、扱いやすい素材で新しいスタイルの手ぬぐいタオルは、
大変な手間と時間を必要とした「着色抜染技法」という染色方法を用いるなど、
伝統の技にもこだわりぬいた逸品です。


えべすや


創業80年になるタオル工場コンテックスから
昭和九年、創業当時の屋号である「えべすや」が新シリーズ「えべすや」として誕生しました。
「日本の伝統」+「粋」にこだわったシリーズです。

●『着色抜染技法』とは
抜染の中でも着色抜染という手法は、色抜きをすると同時にその部分を異色に着色すること。
一度無地染め生地を作り、それにプリントしていく・・・ この工程には大変な手間と時間を必要とし技術の入る手法です。

薄い 軽い 長い 手ぬぐいタオル

表地は柔らかいガーゼ生地
裏地にパイル生地を使用しているので吸水性もあります。
薄くて乾きやすいので 、旅行のお供に、銭湯や温泉に。
サイズが長いので、頭に巻くにもちょうどいい長さ。
アウトドアで首に巻いて使っても、結びやすくかさばりません。

プレゼントにも喜ばれています!

父の日、母の日、敬老の日のプレゼント
お誕生日ギフト、海外へのお土産に!


※画像をクリックすると拡大します


    


手ぬぐいタオル「五鯉躍」



五匹の鯉で「五鯉躍(ごりやく)」=「ご利益」
中国には龍門という場所があり、そこへ続く黄河の流れが激流のため、
たくさんの魚の中で鯉だけが登り切ることができ、
その後に「龍」になったという伝説があります。
そこから「鯉の滝のぼり」という立身出世を意味する言葉が生まれました。
ここでは5匹の鯉が描かれ、「五鯉躍(ごりやく)」が「ご利益」に通じ、
出生栄達とともにあらゆるご利益を与えてくれる意味がこめられ、
大変縁起の良い絵柄となっています。

返品・交換について

商品の品質につきましては、万全を期しておりますが、万一不良・破損などがございましたら、商品到着後7日以内にお知らせください。返品・交換につきましては、1週間以内、未開封・未使用に限り可能です。