0120-787-980 (平日 10:00〜17:00)
  1. HOME
  2. 食品館
  3. 調味料
  4. プレミアム ココナッツオイル 460g ココウェル
プレミアムココナッツオイル460gココウェルcocowell料理用精製オイル
プレミアムココナッツオイル460gココウェルcocowell料理用精製オイル

プレミアム ココナッツオイル 460g ココウェル

  • JAS
商品番号 gp2530001
¥ 1,045 本体価格 ¥ 950
[ 10 ポイント進呈 ]
送料パターン 宅配便

商品詳細

【原材料】 ヤシ油(バージンココナッツオイル)
【原産国】 フィリピン
【賞味期限】※ココナッツオイルは劣化しにくいオイルですが、開封後は清潔にお使いいただき1年以内を目処にご使用ください。
【使用方法】 本品はパック容器に入っています。そのままでもお使いいただけますが、冬季は固形化するので、口栓付タイプも出てこなくなります。その場合はパック容器ごと40℃程度のお湯で湯せんして液体に戻してからご利用頂くか、冬季のみ広口容器に移しかえてのご利用が便利です。調理油として炒め物や揚げ物に。バターの代わりにトーストに。
【保管方法】 直射日光を避け、常温保管。ココナッツオイルの特性上、20℃以下で固形化します。
【使用上の注意】 水や異物が混入するとカビ等品質劣化の原因となりますのでご注意ください。

エキストラバージンオイルとプレミアムオイル(精製オイル)の違い


バージンココナッツオイルが生の果肉から圧搾されるのに対して、精製ココナッツオイルは実からとり出した果肉を天日で乾燥させたもの(コプラ)を圧搾します。コプラから抽出されるオイルは不衛生なため、不純物を取り除くために精製されます。この際に香りも取り除かれ、熱を加えるため酵素も失われてしまいます。しかし脂肪酸組成はほとんど変わりませんので、中鎖脂肪酸が豊富で酸化に強いオイルであることには変わりありません。

バージンココナッツオイルはなるべく加熱せずに、精製ココナッツオイルは炒め物や揚げものなど加熱調理に使い分けて利用することをおすすめします。

ココウェルの「プレミアムココナッツオイル」は、精製時に溶剤などの薬剤をまったく使わず、石灰や活性炭といった天然素材で精製しています。

ココウェルについて

中鎖脂肪酸(MCT:Medium Chain Triglyceride)含有量

・エキストラバージンココナッツオイル(エクスペラー) 約65%
・プレミアムココナツオイル 約61%
・ココナッツミルクパウダー 約27%


話題のプレミアムココナッツオイル

熱に強い健康オイル 炒め物・揚げものに



熱・酸化に強く、サクッと美味しく仕上がるプレミアムオイル(精製オイル)


ココナッツの果肉を乾燥させた「コプラ」から抽出し、化学溶剤を使用することなく天然石灰と活性炭を利用して精製したピュアクッキングオイルです。
油のうまみはありますが、ココナッツ特有の香りはほとんどなく、香りが苦手な方にもお使いいただけます。また香りがお料理の邪魔をすることもありません。サラサラでしつこくなく、さまざまなお料理にお使いいただけます。

消化吸収が4倍、代謝は10倍!だから脂肪になりにくい!

一般のオイルと比べてココナッツオイルがすぐれているのは「エネルギーとして燃焼」される効率がとても良い点です。長鎖脂肪酸と比べて消化吸収は約4倍、代謝は約10倍も速いため、中性脂肪になりにくいのです。そのため欧米ではダイエット素材・健康素材として急速に普及しています。


使いやすい新パッケージに!

プレミアム ココナッツオイルが、ふた付の新パッケージになりました!
一度開けても、ふたを閉めればそのまま置いておけるので、次に使うときもとっても便利★


サクッと軽くいつまでもおいしい

通常、植物オイルは熱を加えると急速に酸化(劣化)が進行します。そのため、揚げものをすると、数回で酸化臭がし、油くさくなります。酸化したものを摂取することはからだの活性酸素を増加させ、健康にもよくないといわれています。

しかしプレミアムココナッツオイルは熱に非常に強く、酸化しにくいという特徴があります。
そのため、高温で調理する炒め物や揚げものにも最適のオイルといえます。

揚げものでは非常に軽く揚がり、揚げたあともベタベタすることなく、いつまでもサクッとおいしくいただけます。また炒め物でも無味・無臭でクセもなく、とても使いやすいオイルです。

 
揚げものがサクッと仕上がる 無臭なのでどんな料理にも合います バターやマーガリンの代わりに!  クッキーやケーキ、アイスクリーム作りに!

栄養価が高く低カロリー、美味しくさまざまな料理に使える
ココナッツオイルをぜひとりいれて、日々の健康にお役立てください。

ココナッツオイルってどんなオイル?


ココナッツオイルは母乳に含まれる「ラウリン酸」や酸化しにくい「飽和脂肪酸」、
エネルギー代謝の早い「中鎖脂肪酸」を豊富に含んだからだにやさしいオイルです


●母乳成分「ラウリン酸」を約50%含んでいます

ラウリン酸は免疫力を高め、細胞を強くする働きがあります。
母乳を通じて赤ちゃんを感染症などの外敵から守る働きをしているのです。
バージンココナッツオイルにはラウリン酸が50%も含まれています。


●熱に強く酸化しにくい


ココナッツオイルは90%以上が飽和脂肪酸
植物油の中でも、もっとも含有量が多く、熱による酸化に強く、劣化しにくい安定したオイルです。
揚げものは軽くサクッと仕上がり、べたべたしにくく いつまでも美味しく召し上がれます。


●エネルギー代謝の早い「中鎖脂肪酸」もたっぷり

中鎖脂肪酸は体内で燃焼しやすく、消化吸収が早く、脂肪になりにくいすぐれた脂肪酸。
一般の植物油に含まれる長鎖脂肪酸と比べて 消化吸収のスピードが4倍、エネルギー代謝のスピードは約10倍。中性脂肪になりにくく、動脈硬化などの心配もありません。
この代謝のよさが、ダイエット中の方やスポーツ選手、病中病後の方の栄養補給にも利用されています。

また「中鎖脂肪酸」は、脳のエネルギーになる「ケトン体」を生成することが
近年注目されています。

●トランス脂肪酸ゼロ

トランス脂肪酸は植物油を固形化したり精製する工程で発生し、健康リスクを高めるとして、デンマークやアメリカ・カナダなど世界で規制の動きが広がっています。
無精製・無添加のココウェルのココナッツオイルはトランス脂肪酸ゼロです。


●コレステロールゼロ

エキストラバージンココナッツオイルには、動物性脂肪に多く含まれ、摂り過ぎると動脈硬化の原因とされるコレステロールを全く含みません。


●低カロリー

他のオイルと比べて低カロリー。
ふだん使っているバターや油のカロリーが気になる方はココナッツオイルを代わりにおすすめします。

ココウェル ココナッツオイルの特徴


★ 天然のままなので低温(25℃)で固形化します。
夏季は液体ですが、冬季は固形になります。
固形化したオイルはスプーン等で削ってすくい取り、熱したフライパンにのせるとあっという間に溶けてご使用になれます。
固まったり溶けたりしても、品質に変化はありません。


★フィリピン・ルソン島産火山灰土の肥沃な土壌で育ったココナッツを使用
フィリピンはココナッツ輸出量が世界で1位2位を争うココナッツの国。ココナッツ庁という政府機関まで設けてココナッツを国の大事な産業として育てています。ココナッツ庁がココナッツ農家やココナッツオイル生産者に技術支援や品質管理の指導を行うなど、他の国と比較してココナッツ産品の品質が高いことで知られています。
中でもココウェルのエキストラバージンココナッツオイルはフィリピン・ルソン島南部のケソン州の、火山灰土の肥沃な土壌で育ったココナッツを使用しています。もちろん殺虫剤や除草剤などの農薬を一切使っていないココナッツだけを使用しています。

★海外のオーガニック認証取得
ヨーロッパの厳格な有機認定「エコサート(ECOCERT)」やアメリカの「USDA」
ドイツの「CERES」を取得したエキストラバージンココナッツオイルを100%使用しています。

 アルツハイマーの改善、予防に! ココナッツオイルでボケずに健康 アルツハイマーの改善&予防に! ココナッツオイルでボケずに健康
1日大さじ2杯から 太りにくい! アンチエイジング効果も!
(主婦の友生活シリーズ)
白澤卓二著

ココウェルのココナッツオイルが紹介されました!


返品・交換について

商品の品質につきましては、万全を期しておりますが、万一不良・破損などがございましたら、商品到着後7日以内にお知らせください。返品・交換につきましては、1週間以内、未開封・未使用に限り可能です。