今日はまた病気と冷えとりのお話です。

かゆみ、しびれ、貧血、頭痛、下痢、吐血、喘息、湿疹・・・

症状はすべて体が治ろうとする働きですので、出た分だけは体から消えます。

好転反応(めんげん)が出たときには素直に喜べばいいし、どんな症状がでてもやることはひとつなのですが、その意味を理解すると妙に納得したりやる気が出るのも事実です。

以前、出てくる症状はすべて「警告」「肩代わり」「排毒」「鍛錬」の4つに分類されるというお話をしました。
http://www.fb.com/photo.php?fbid=470433803051554

いつも症状の意味を考えると、より理解が深まっていきます。

たとえば、血を吐く場合。

胃が疲れていてもうこれ以上がんばるとたいへんなことになるよと、体が警告を出して吐血する場合があります。これは体からの警告ですよって言っています。

また、脾臓やすい臓、肝臓などが疲れているのを胃などの消化器官が肩代わりして、吐血したのかもしれません。

そして、排毒としての吐血。

実はがんが治るためには「風呂に入って食事を摂らずに血を吐け」というんですって。

血は鉄分とたんぱく質からつくられます。そこで栄養を体に入れずに体を温めていると、いったんは赤血球が減り貧血になりますが、その後がん細胞のたんぱく質から血が作られるそうです。

そのがん細胞が血になった残りのカスが吐血となって体の外に排出されると、がんは消えるという、え~ほんとぅ?というような解釈ですが、いずれにせよ、しっかり半身浴をして、食事はできる限り摂らずにいるとそのうち血を吐いてがんが消えるというのは、冷えとり体験者の実際の話なんです。

子宮がんの場合も一緒です。がん細胞のかすがレバー状のオリモノとなって出てくるとがんが消えます。
それとがん細胞は冷やせば増えて温めれば小さくなります。また、最初に空腹に耐えられなくなるのは正常な細胞ではなくがん細胞です。がん細胞は贅沢が好きなんです。癌って字はヤマイダレに品の山と書くくらいですもの。

だから頭寒足熱腹七分なんですね。がんになったら血を吐くまで何も食べずにお風呂に入りましょう。

がんはひとつの例ですが、アトピーでも貧血でも股関節炎でも出てくる症状はすべて体のメッセージです。

そのメッセージをしっかり受け止めて、対症療法ではなくからだを根本から治す気構えがあれば病気はきっと治ります。

冷えとりは決して裏切りません。

ただ淡々と続けていきましょう。

それでは進藤先生の言葉をひとつ

「世界中の人たちが誰も冷えとりしなくても私ひとりは続けていこう」

いやあ、かっこいいねえ。

温ちゃんもそんなこと一度でいいから言ってみたいな。

Image1

冷えとりハンドブックメール便なら送料無料!1冊500円。温ちゃんの記事をまとめた冷えとりハンドブック


 

はじめて冷え取りする方に

温活の中心は冷えとりです。大事なのは下半身を温め上半身を涼しく保つこと。この章では、まずは温活のコアとなる冷えとりについてその基本と要点をお伝えしています。

●冷えとりワールドへのいざない ●冷えがない人はいません ●忘れてはいけない運動の大切さ ●冷えとりは自分でできる健康法 ●人は3つの営みで生きている ●からだの言い分 ●腹七分目で免疫力アップ ●冷えとりで痩せるってホント?

半身浴や重ね履き、足湯のアドバイス

冷えとりの基本は、靴下の重ね履きではありません。最初にやってほしいのは半身浴。この章では半身浴を中心に、半身浴や足湯、湯たんぽ、靴下の重ね履きなどひえとりのやりかたについて詳細にお伝えしていきます。

●冷えとりの基本は半身浴 ●お風呂の楽しみ ●入浴剤の話 ●お風呂のかわりに足湯 ●さあ、いよいよ次は重ねばきです ●重ねばきのやり方 ●絹製品の洗い方 ●レギンスとレッグウォーマー ●湯湯婆(湯たんぽ)は寝ているときの半身浴 ●呼吸法で大事な腹式呼吸 ●みなさんお悩みの靴 の話

めんげんや好転反応の話

現代社会に住む私たちは、日々様々な毒素を体にためています。出すことの大切さとその方法、そして冷えとりではめんげんと言われる好転反応について、この章ではお伝えしていきます。

●毒だしって何? ●毒のプール ●靴下の穴の話 ●症状の4つの分類 ●日常のめんげん ●気の話 ●冷えとりでがんを治す

女性と冷えとりの関係

冷え性が女性に多いように、女性は男性よりも冷えている傾向にあります。また、その冷えが様々な婦人科系のトラブルを引き起こします。子宮温活で女性のトラブルの多くは劇的に改善することがあります。この章では、とくに女性と冷えとりについて重点的にお伝えしていきます。

●女性は冷えている ●妊娠・つわりと冷えとり ●布ナプキンにしてみたら ●経皮毒の話 ●冷えとりと布ナプキン ●経血コントロール ●月のカレンダー ●女性に多い便秘の悩み ●男性と冷えとり

東洋医学と陰陽五行

冷えとりは、東洋医学に基づいた民間療法です。陰陽五行は、冷えとりという航路になくてはならない航海図です。すすむべき道に迷ったとき、めんげんや毒出しで原因をみつけたいとき、陰陽五行はきっとあなたの役に立つはずです。

●陰陽って何 ●五行のお話 ●相生と相克 ●望診法 ●エゴ(我執)について ●五行の長所と相性 ●五味調和 ●体内時計と五行 ●魂の進化

玄米食・マクロビや重ね煮、糖質制限の話

私たちの体は食べ物でできています。体を温めることと同じように、何を食べるか、どう食べるかはとても大事なテーマです。ここでは体を温める食べ物のみならず、断食やマクロビオティックなどについてお伝えしていきます。

●空腹で体が若返る!? ●プチ断食●日常の食事量について ●陰陽調和 ●マクロビオティック ●玄米を食べよう ●重ね煮 ●白砂糖の害について ●食べ物の食べ合わせの話 ●糖質制限について

自然療法と自己免疫力

東洋医学では症状即療法と言って、熱が出た咳がとまらないなどはすべて体が治そうとして仕組んでいることと考えます。日本古来からの知恵である民間療法や自然療法を知ることで、できるだけ病院や薬に頼らずに健康でいる方法について、この章では考えていきます。

●自然療法 ●風邪は神様からのプレゼント ●こんにゃく湿布 ●サラサラ血液とどろどろ血液 ●ヒートショックプロテイン ●千島学説と血液のお話 ●操体法 ●砂浴

世のなかにも冷えとりを

体を温めることで、心や社会までも温めることができます。自分のことだけでなく世のなかや地球環境や魂の進化にまで温活と冷えとりはかかわってくると私たちは考えています。この章の記事こそが実は温ちゃんが一番伝えたいことなんです。

●心の冷えとり ●星に願いを ●レッテルを貼るということ ●買い物の話 ●セックスと陰陽 ●男社会と冷えとり ●幸福とは ●人間の成長と五行の話


てくてくねっと販売サイト


引用

冷えとり温ちゃんは、リンクと引用フリーです。出典冷えとり温ちゃんのみ明らかにしてくださいね。