明日は中秋の名月。うさぎさんがお月様でもちつき大会をする一大イベントデーです。

万葉の昔「うさぎは月を見るだけで子ができる」といって、一年でもっとも子が宿る日として大切にされたという話もあります。

日本人は7月生まれが一番多いそうです。あながち迷信とは言い切れない何か神秘なエネルギーがこの日にはあるのかもしれませんね。

月のサイクルには、4つあり、それぞれ

〔新月~上弦の半月〕 筋肉を目覚めさせる“アクティブ期”
〔上弦の半月~満月〕 からだを引き締める"エナジー期”
〔満月~下弦の半月〕 解毒をサポートする“メンテナンス期”
〔下弦の半月~新月〕 体内浄化を促す“クレンズ期”

新月はリスタートの日であり、インスピレーションを受けやすい日、勘がさえる日ともいわれます。新しいことをはじめたり、大きな仕事を乗り越えるスタートには絶好のタイミングです。

新月から満月に向かう期間は、パワー全開。気持ちも充実します。何でも吸収しますので、勉強やエクササイズなどの成果が出やすいときでもあります。

上弦の半月から満月までは、外に向かって広がった体や意識をバランス調整するときです。この時期にエネルギーは全開となります。スピリチュアルなものもそうですが、食べたものも身につきやすいので食べ過ぎに注意。半身浴をしているのに体重が増えてくって人もいますが、満月を過ぎるとちゃんと減り始めますので心配しないでね。

満月の日には出産が多いというのはよく聞く話ですが、海がめや珊瑚、魚など海にすむ生き物も一緒だそうです。あと怪我をすると出血が多い、アルコールに酔いやすいなどの話も聞きます。明日はお酒はやめておきましょう。

満月から下弦の半月までは、デトックス。ダイエットの効果もあらわれ、からだの中の毒素も出やすくなります。

精神的には落ち着いて、自分を見つめなおすのには最適です。また情報の整理や瞑想などにも適した期間です。

下弦から新月は、調整期。浄化、排毒の調整をしながら心身のバランスを整えていきましょう。

月の影響が一番少ないのは新月ではなく、半月のときです。この日は神経が休まり、穏やかで落ち着いた気持ちになります。

満月と新月は月の影響が一番強いとき。月は精神にも大きく影響を与えるといいます。

明日は、沖縄地方を除いてお月様に会えそうです。

たまには、ゆっくり月でも見上げて思索にふけってみるのもいいかもしれませんね。

ところで、月のうさぎさんは何でもちをついているのでしょうか?

満月は昔の言葉で「望月」=もちつき。

駄じゃれ親父は万葉の昔にもいたのかもしれませんね。
*******************************************
〔ご案内〕【満月ポイント10倍】日めくりルナヨガ
月のパワーを借りて28日間、1日1ポーズ。
今よりもっと楽なカラダになる!

月の満ち欠けに合わせた28日のプログラムで構成されています。
ダイエットや、美肌、冷え取りなどに効果のあるヨガを月のリズムに合わせて、
1日1ポーズ行います。

https://www.tekuteku.net/products/detail.php?product_id=7971

lunayoga