風邪と冷えとり

風邪

風邪は社会の迷惑ですか?

風邪もひかないのが、健康な体ですか?風邪は社会の迷惑ですか?

「なんだか熱っぽいなあ、咳も止まらないし、食欲もないし。会社に迷惑がかかるといけないから、こじらせる前に早めにかぜ薬飲んどこう」

実はそのかぜ薬が風邪をこじらせる原因だったりするのです。かぜ薬は風邪を治してくれるのではなく症状を押し込めてしまいます。

体はちゃんと理由があって熱や咳を出したりお腹をくだしたり食欲を落としたりします。

熱は体の中のばい菌やウイルスをやっつけてくれるし、下痢は体に悪いものを緊急に体の外に出してくれます。

また食欲がなくなり空腹になると、体は免疫力がぐんと強くなります。

症状即療法

症状即療法

風邪は体の中の大掃除、風邪が体を治療してくれているのです。

東洋医学では「症状即療法」っていうんですって。

風邪が上手にひけると経過した後の体はお肌もつやつや、肩こりも改善、お通じも絶好調。

なんだか生まれ変わったように清々しい気分になります。

逆に薬で押し込めてしまうと、ずるずると不調が続きなんかすっきりしないままです。

風邪で大掃除ができなかった体は毒も抜けきれず体にとどまって、お肌もがさがさ。せっかくの復調のチャンスを逃してしまいます。

風邪との付き合い方

風邪とのお付き合い

誰でも体はまんべんなく使っているわけではありません。

甘いものが好きな人は肝臓がくたくた、一日中パソコンに向かって仕事している人は目に関係するところが疲れています。

毎日小さい子を抱っこしているお母さんは腰がくたびれてきます。

風邪は、そうやって疲れて硬くなってしまったところに引っかかります。

引っかかるところを温めてあげると風邪はその引っかかりの疲れや毒をじょうずに持ち去っていってくれます。

だから風邪をひいたら直接間接にその引っかかった部位を温めることが大切になります。

風邪かな?と思ったらまずお風呂に入りましょう。

世の中で言われていることと違いますね。

あとは靴下の枚数を増やしたり湯たんぽを入れたり、また蒸しタオルやこんにゃくなどの温湿布などで患部を直接温めてあげるのも効果大です。

頭やおでこは冷やしてかまいません。

そのほうが気持ちよければそうしてあげてください。

熱があっても咳が出ても、動くのが苦でなければ普通に生活していてかまいません。

体がだるいときは休めと体が言っているので休みましょう。

治り際が大事

大事なのは治り際。

熱がさがったりする治り際は、体がウイルスを追い出して、やれやれとお休みしているときです。

でも熱がさがった体はウイルスには反撃のチャンスでもあるんです。

ついついもう大丈夫だと動いてしまいますが、実はこの治りかけこそゆっくり横になって休むべきときなのです。

このときに動いてしまうとまたウイルスが盛り返して風邪をこじらせてしまいます。

風邪は毒だしの絶好のチャンス。

上手にひきましょうというお話でした。

よろしかったら風邪を引いたときの参考に、すぐに見つけれるようこのお話をシェアしといてくださいね。

(^人^)感謝♪

風邪の上手なひき方について

冷えとり靴下だけじゃない。レッグウォーマー・レギンス・足湯器や腹巻パンツ・・湯たんぽ・体を温める食べ物まで。温活と冷え性対策なら何でもそろう通販サイト
冷えとりコンシェルジュ


引用

冷えとり温ちゃんは、リンクと引用フリーです。出典冷えとり温ちゃんのみ明らかにしてくださいね。


冷えとりハンドブックメール便なら送料無料!1冊500円。温ちゃんの記事をまとめた冷えとりハンドブック


 

はじめて冷え取りする方に

温活の中心は冷えとりです。大事なのは下半身を温め上半身を涼しく保つこと。この章では、まずは温活のコアとなる冷えとりについてその基本と要点をお伝えしています。

●冷えとりワールドへのいざない ●冷えがない人はいません ●忘れてはいけない運動の大切さ ●冷えとりは自分でできる健康法 ●人は3つの営みで生きている ●からだの言い分 ●腹七分目で免疫力アップ ●冷えとりで痩せるってホント?

半身浴や重ね履き、足湯のアドバイス

冷えとりの基本は、靴下の重ね履きではありません。最初にやってほしいのは半身浴。この章では半身浴を中心に、半身浴や足湯、湯たんぽ、靴下の重ね履きなどひえとりのやりかたについて詳細にお伝えしていきます。

●冷えとりの基本は半身浴 ●お風呂の楽しみ ●入浴剤の話 ●お風呂のかわりに足湯 ●さあ、いよいよ次は重ねばきです ●重ねばきのやり方 ●絹製品の洗い方 ●レギンスとレッグウォーマー ●湯湯婆(湯たんぽ)は寝ているときの半身浴 ●呼吸法で大事な腹式呼吸 ●みなさんお悩みの靴 の話

めんげんや好転反応の話

現代社会に住む私たちは、日々様々な毒素を体にためています。出すことの大切さとその方法、そして冷えとりではめんげんと言われる好転反応について、この章ではお伝えしていきます。

●毒だしって何? ●毒のプール ●靴下の穴の話 ●症状の4つの分類 ●日常のめんげん ●気の話 ●冷えとりでがんを治す

女性と冷えとりの関係

冷え性が女性に多いように、女性は男性よりも冷えている傾向にあります。また、その冷えが様々な婦人科系のトラブルを引き起こします。子宮温活で女性のトラブルの多くは劇的に改善することがあります。この章では、とくに女性と冷えとりについて重点的にお伝えしていきます。

●女性は冷えている ●妊娠・つわりと冷えとり ●布ナプキンにしてみたら ●経皮毒の話 ●冷えとりと布ナプキン ●経血コントロール ●月のカレンダー ●女性に多い便秘の悩み ●男性と冷えとり

東洋医学と陰陽五行

冷えとりは、東洋医学に基づいた民間療法です。陰陽五行は、冷えとりという航路になくてはならない航海図です。すすむべき道に迷ったとき、めんげんや毒出しで原因をみつけたいとき、陰陽五行はきっとあなたの役に立つはずです。

●陰陽って何 ●五行のお話 ●相生と相克 ●望診法 ●エゴ(我執)について ●五行の長所と相性 ●五味調和 ●体内時計と五行 ●魂の進化

玄米食・マクロビや重ね煮、糖質制限の話

私たちの体は食べ物でできています。体を温めることと同じように、何を食べるか、どう食べるかはとても大事なテーマです。ここでは体を温める食べ物のみならず、断食やマクロビオティックなどについてお伝えしていきます。

●空腹で体が若返る!? ●プチ断食●日常の食事量について ●陰陽調和 ●マクロビオティック ●玄米を食べよう ●重ね煮 ●白砂糖の害について ●食べ物の食べ合わせの話 ●糖質制限について

自然療法と自己免疫力

東洋医学では症状即療法と言って、熱が出た咳がとまらないなどはすべて体が治そうとして仕組んでいることと考えます。日本古来からの知恵である民間療法や自然療法を知ることで、できるだけ病院や薬に頼らずに健康でいる方法について、この章では考えていきます。

●自然療法 ●風邪は神様からのプレゼント ●こんにゃく湿布 ●サラサラ血液とどろどろ血液 ●ヒートショックプロテイン ●千島学説と血液のお話 ●操体法 ●砂浴

世のなかにも冷えとりを

体を温めることで、心や社会までも温めることができます。自分のことだけでなく世のなかや地球環境や魂の進化にまで温活と冷えとりはかかわってくると私たちは考えています。この章の記事こそが実は温ちゃんが一番伝えたいことなんです。

●心の冷えとり ●星に願いを ●レッテルを貼るということ ●買い物の話 ●セックスと陰陽 ●男社会と冷えとり ●幸福とは ●人間の成長と五行の話


てくてくねっと販売サイト