コラム:夏の冷えとり

温ちゃんです。

夏は冷えとは関係ない季節だと思ってはいけません。夏こそ足元をしっかり温めましょう。

下半身は靴下の重ねばきでしっかり冷えとりをします。膝は出しても構いませんが、お腹も温めるようにしてください。

上半身を涼しくして下半身を温めるようにすると意外と暑いのが苦になりません。試してみてください。

暑さがつらい時はアイスノンとか冷えピタみたいな冷却ジェルを首筋に巻いたり、なにしろ上半身を涼しくする工夫をしてください。手首は出して、それができないときは絹のアームカバーなどを利用してみるのもいいですね。

逆に職場の冷房がきつい時も下半身を厚くして対策をとってください。冷房がきついからといってカーデガンを羽織っても下半身を冷やしては意味がありません。制服などで十分下半身を温められないときはデスクではゴムの湯たんぽ、家に帰ったら長めに半身浴など工夫をして夏を乗り切ってくださいね。

夏バテや熱中症は冷えのぼせです。水分をしっかりとって上半身を冷やします。

夏はお水はいくら飲んでも構いません。水ぶくれにならないように注意してね(笑)

夏の就寝時はついつい薄着になってしまいますが、この時も下半身は温め上半身を冷やすという原則を頭に入れておいてください。暑かったらとにかく上半身を冷やす!これがお約束です。

陰陽五行説で言えば夏は心臓と消化器の季節です。

心臓病やリウマチ、高血圧など心臓に関係する病気が出やすい季節です。しっかり半身浴をして汗をかくようにします。

夏は麦の季節です。そうめんやひやむぎ、パンなどを食べ、麦茶を飲むなど麦のものを多く摂るといいそうです。できれば全粒粉の麺類やパンがおすすめです。

また、梅がこの季節の排毒&冷えとりキーワードです。梅干や梅ペースト、しそジュースなど梅製品をいっぱい食べるといいですよ。青梅の実そのものは陰性ですが、梅干しや梅肉エキス等になると陽性になるんですね。梅肉エキスは、お腹の調子も整えるので温ちゃん旅行には必携アイテムです。

天ぷらやカレー、また豆腐に生のしょうがをおろして食べたい季節ですね。でもいずれも体を冷やす作用があります。夏は食べても全然OKなのですが、食べ過ぎに注意しましょうね。

心臓の毒は汗で出ていきますのでいっぱい汗をかきましょう。

冷房の部屋にばかりいないで草取りやお掃除に精をだしましょうね。

汗や尿は浅い毒出しです。人によっては汗などの毒出しでは間に合わず、へんなものを食べたわけではないのに激しい下痢をする場合があります。下痢は深い毒出しです。

苦しみながらも毒出しだと思って悲観的にならずに出し切ってくださいね。

え?浅い毒出しと深い毒出しがあるの?

その話は、またの機会に。

それじゃ、バイチャ(^o^)/

972106_466319376796330_1479198672_n