更年期障害

冷え取りしていると更年期障害から解放される!?

下垂体からの刺激に次第に反応しなくなった卵巣は女性ホルモン(エストロゲン、プロゲストロン)の分泌が減り、45~55歳ころまでにほとんどの方が閉経を迎えます。

女性なら誰にでも訪れる更年期ですが、冷えとりの本ではきちんと冷えとりしていれば「更年期障害は無い」と書いてあります。

マクロビオティック関連(日本CI協会)の本にも更年期障害は「不健康な人だけ経験する」と載っています。

それでは健康な人と不健康な人の違いとは、いったい何なのでしょうか?

ホルモンバランス

更年期が近くなるとホルモン分泌が減ってきますが、本来私たちは全身のホルモンがバランスをとって調節できるようになっています。

ところが、長期にわたって不健康な暮らしをしているとコントロール機能が低下し、性ホルモンの変化に対応できず自律神経系のバランスを崩してしまいます。

その結果おこるのぼせ・ほてり・頭痛・頭重・肩こり・倦怠感・不眠・寒気・めまい・動機・精神不安・耳鳴り・頻尿・残尿感・しびれなどの症状が更年期障害です。

でも、加齢によるホルモンバランスの変化は最初から身体の中にプログラミングされた生理現象です。

だから身体が健康であれば更年期「障害」はないというのが冷えとりの考え方なんですね。

快適な更年期を

気血の循環を促し、内臓の冷えをとり、ストレッサーと上手に付き合うことで快適な更年期が過ごせます。

まずは、冷えとりを実践すること。

そして更年期を快適に過ごすにはその前、「プレ更年期」からの養生が大切になってきます。

毛皮の帽子にダウンジャケット、短いスカートに生足の女子高生は、すでに更年期「症候群」の予備軍なのです。

そして、砂糖や食品添加物、強陰性の食品を控えましょう。

これらは体内の老廃物を増やし、内臓の冷えを増長させます。

内分泌と自律神経を安定させるために呼吸、睡眠、姿勢などの質をよくすることも必要です。

それには、ヨガや太極拳、自律整体などの自律神経を安定させる運動が一番。

そして実は日光を浴びることも内分泌と自律神経の安定には大切なんだそうです。

自律神経を安定させる

自律神経には交感神経と副交感神経の二つがあり、交感神経は昼に副交感神経は夜に働きます。

日光は目から脳に入り、松果体というところに届きます。

松果体は、光が入ってくると半日くらいでメラトニンというホルモンを出すそうです。

メラトニンは睡眠を司るホルモンでメラトニンが出るとよく眠れるそうなんです。

そして眠りは副交感神経を働かせます。

昼間に日光を浴びないと、日中に元気が出ないだけでなく、夜しっかり眠れなくなり、自律神経のバランスを崩してしまうんですって。

自律神経のバランスが崩れることによるトラブルは更年期障害以外にも、よくいう不定愁訴のほとんどが含まれるそうなんですって。

昼間はちゃんと日光を浴びましょうね。

おまけの話

ところで、男性には自分が更年期に入っていることを頭が認めずに、「俺は更年期じゃない」と思い込んでかえって調子を崩す人も多いんだって。

まったく、なんだろうね。

更年期

冷えとり靴下だけじゃない。レッグウォーマー・レギンス・足湯器や腹巻パンツ・・湯たんぽ・体を温める食べ物まで。温活と冷え性対策なら何でもそろう通販サイト
冷えとりコンシェルジュ


引用

冷えとり温ちゃんは、リンクと引用フリーです。出典冷えとり温ちゃんのみ明らかにしてくださいね。


冷えとりハンドブックメール便なら送料無料!1冊500円。温ちゃんの記事をまとめた冷えとりハンドブック


 

はじめて冷え取りする方に

温活の中心は冷えとりです。大事なのは下半身を温め上半身を涼しく保つこと。この章では、まずは温活のコアとなる冷えとりについてその基本と要点をお伝えしています。

●冷えとりワールドへのいざない ●冷えがない人はいません ●忘れてはいけない運動の大切さ ●冷えとりは自分でできる健康法 ●人は3つの営みで生きている ●からだの言い分 ●腹七分目で免疫力アップ ●冷えとりで痩せるってホント?

半身浴や重ね履き、足湯のアドバイス

冷えとりの基本は、靴下の重ね履きではありません。最初にやってほしいのは半身浴。この章では半身浴を中心に、半身浴や足湯、湯たんぽ、靴下の重ね履きなどひえとりのやりかたについて詳細にお伝えしていきます。

●冷えとりの基本は半身浴 ●お風呂の楽しみ ●入浴剤の話 ●お風呂のかわりに足湯 ●さあ、いよいよ次は重ねばきです ●重ねばきのやり方 ●絹製品の洗い方 ●レギンスとレッグウォーマー ●湯湯婆(湯たんぽ)は寝ているときの半身浴 ●呼吸法で大事な腹式呼吸 ●みなさんお悩みの靴 の話

めんげんや好転反応の話

現代社会に住む私たちは、日々様々な毒素を体にためています。出すことの大切さとその方法、そして冷えとりではめんげんと言われる好転反応について、この章ではお伝えしていきます。

●毒だしって何? ●毒のプール ●靴下の穴の話 ●症状の4つの分類 ●日常のめんげん ●気の話 ●冷えとりでがんを治す

女性と冷えとりの関係

冷え性が女性に多いように、女性は男性よりも冷えている傾向にあります。また、その冷えが様々な婦人科系のトラブルを引き起こします。子宮温活で女性のトラブルの多くは劇的に改善することがあります。この章では、とくに女性と冷えとりについて重点的にお伝えしていきます。

●女性は冷えている ●妊娠・つわりと冷えとり ●布ナプキンにしてみたら ●経皮毒の話 ●冷えとりと布ナプキン ●経血コントロール ●月のカレンダー ●女性に多い便秘の悩み ●男性と冷えとり

東洋医学と陰陽五行

冷えとりは、東洋医学に基づいた民間療法です。陰陽五行は、冷えとりという航路になくてはならない航海図です。すすむべき道に迷ったとき、めんげんや毒出しで原因をみつけたいとき、陰陽五行はきっとあなたの役に立つはずです。

●陰陽って何 ●五行のお話 ●相生と相克 ●望診法 ●エゴ(我執)について ●五行の長所と相性 ●五味調和 ●体内時計と五行 ●魂の進化

玄米食・マクロビや重ね煮、糖質制限の話

私たちの体は食べ物でできています。体を温めることと同じように、何を食べるか、どう食べるかはとても大事なテーマです。ここでは体を温める食べ物のみならず、断食やマクロビオティックなどについてお伝えしていきます。

●空腹で体が若返る!? ●プチ断食●日常の食事量について ●陰陽調和 ●マクロビオティック ●玄米を食べよう ●重ね煮 ●白砂糖の害について ●食べ物の食べ合わせの話 ●糖質制限について

自然療法と自己免疫力

東洋医学では症状即療法と言って、熱が出た咳がとまらないなどはすべて体が治そうとして仕組んでいることと考えます。日本古来からの知恵である民間療法や自然療法を知ることで、できるだけ病院や薬に頼らずに健康でいる方法について、この章では考えていきます。

●自然療法 ●風邪は神様からのプレゼント ●こんにゃく湿布 ●サラサラ血液とどろどろ血液 ●ヒートショックプロテイン ●千島学説と血液のお話 ●操体法 ●砂浴

世のなかにも冷えとりを

体を温めることで、心や社会までも温めることができます。自分のことだけでなく世のなかや地球環境や魂の進化にまで温活と冷えとりはかかわってくると私たちは考えています。この章の記事こそが実は温ちゃんが一番伝えたいことなんです。

●心の冷えとり ●星に願いを ●レッテルを貼るということ ●買い物の話 ●セックスと陰陽 ●男社会と冷えとり ●幸福とは ●人間の成長と五行の話


てくてくねっと販売サイト