温ちゃんです。

いきなり夏です!暑い夏に冷えとりを怠ると、秋になって溜まった冷えが一気に逆襲をかけてくるそうです。こわいですね。

靴下何枚履いていますか?暑い時も極力靴下は減らさずに上半身を薄着にしてみてください。

冷えとりで服装をコーディネートしようとしたときの鉄則は「頭寒足熱」です。

一番涼しくしておきたいのは手首。次に腕。

腕を上にあげた状態で上から下へと温かくしていくイメージで、次第に衣服や靴下も厚くしていきましょう。

鉄則をおさえたうえで考えたいのが、「ゆったりした服」「天然素材」「調節衣類」です。

全体にゆったりして風通しがいい服の方が涼しいですし、排毒もしやすいので、可能な環境でしたらあまりぴったりした服じゃないほうがいいそうです。

また進藤先生によりますと、体を動かしたときに服と肌が擦れると排毒を促してくれるそうです。

「冷え」がとれていくと、暑くて汗だくになっていてもくるぶしから下が冷えている感覚を覚えます。逆に「冷え」が溜まっている人ほど足先が暑く感じて、つい裸足で過ごしたくなります。

そんなときはアイスノンなどで頭や首を冷やしてみてください。また手首に絹や麻のタオルをまいたりしてもいいですし、絹やコットンなどのアームカバーも効果があるようです。

冷えとりをはじめて最初の夏は、正念場だといわれます。今年はつらくても頑張って冷えとりを続けていけば、おそらく来年の夏は、足元を温めていても快適で過ごせます。

不思議なことに「冷え」がとれていくと職場や外出先、乗り物の強い冷房も気にならなくなっていきます。

私たちは「足熱」つまり下半身を温めることばかりに一生懸命になりますが、夏は特に「頭寒」つまり上半身を涼しくする工夫が快適に過ごす鍵になるのですね。

そういえば、ボスが「ロングスカートとタンクトップの女の人もいいね」ですって。あれ?ミニスカートの女子高生っていいねって言ってたの誰だっけ?

 

〔ご案内〕プリスティン オーガニックコットン フラワーメッシュ日除け手袋 ナチュラル
https://www.tekuteku.net/products/detail.php?product_id=723
http://item.rakuten.co.jp/tekutekushop/pr468003n/

ryoute