七号食

土用には七号食

土用はデトックスの季節

1月17日から冬の土用に入りました。

これから節分までは、年末年始の暴飲暴食の反動が現れる魔の18日間です。

今の時期って毎年インフルエンザがはやります。

また、ノロウイルスやマイコプラズマ肺炎、RSウイルスや溶連菌感染症など。

元気な時には発症しないのに、この時期はちょっとの細菌にやられてしまいがち。

でも心配しなくても大丈夫。

土用はつまりデトックスの季節。

年末年始の暴飲暴食を、この18日間でチャラにしちゃえば大丈夫。

発熱や下痢、発疹などいっぱい出しちゃって元気に春を迎えましょう。

年4回の土用には7号食

年四回の土用におすすめな養生は「7号食」

七号食は体を中庸にする

7号食というのは玄米だけを食べ、余計なものを摂らないことで消化器官を休ませること。

そして脂質やたんぱく質など食べ過ぎ飲みすぎで過剰になった栄養素を体から排出させる食養生です。

当然痩せます。

痩せている人で1~2㎏、太っている人では7㎏~10㎏と痩せた人もいます。

お正月で大きくなった胃袋に断食はつらいけど、7号食なら空腹のつらさがありませんので誰でもできる簡単なダイエットです。

7号食のお約束

厳密には7号食で許されるのは玄米・黒ゴマ・塩と番茶やほうじ茶などカフェイン・タンニンを含まないお茶。

できるだけシンプルな食事を心がけますが、どうしても単調になるので玄米甘酒や雑穀、梅干しなども少しならOK。

ただし、玄米アレルギーって意外と多いし、どうしても玄米が苦手という方もおられます。

そんな方は白米に雑穀を加えて7号食の代わりにするのもOKです。

寝かせ玄米は小豆が入っているのでアミノ酸欠乏状態を作り出す7号食ではできれば避けたいもの。

でも、玄米食は続かなかったけど寝かせ玄米は食べれるって方も多いので、そんな方は無理せず寝かせ玄米でチャレンジしてみてください。

玄米ならいくら食べても構わないのが7号食ですが、苦しくなるほど食べてしまうのは何かが違います。

しっかり噛んでゆっくり食べれば、食べる量も抑えられますし、胃への負担も少なくなります

7号食をはじめると最初は便秘や疲れ、だるさなどのめんげん(好転反応)があらわれますが、終わるころには身も心も軽くすっきりしてるはず。

そうなればお腹もすっきりスリムに、お肌もつやつや、心も穏やかになりイライラしなくなっています。

七号食

7号食の言葉の由来

ところで、何で7号食っていうんでしょうか?

提唱したのはマクロビオティックの創始者桜沢如一さん。

7号食は玄米だけ

6号食は玄米と味噌汁とお漬物

5号食は6号食に野菜のおかず一品

4号食はもう一品野菜中心(魚もOK)のおかずがつきます。

3号食以下になると食品の制限がほとんどなくなり、1号食はまったく気にせず食べる食事です。

で、4号食と7号食の間をうろうろしていれば人はずっと健康を維持していけるとか。

7号食は10日間、復食に6日間の16日間が一般的です。

でも忙しいあなたなら8日位のハーフコースからはじめても構いません。

さあ、あなたも年4回の土用には7号食で体をリセットしませんか?

長野県産 JAS有機 れんげ米 玄米・5kg

ギャバたっぷり、炊飯器で炊ける国内産有機活性発芽玄米 2kg

7号食中のスイーツなら「有機玄米甘酒 〔なめらかタイプ〕」200g

ムソー正食三年番茶無双番茶・徳用450g

引用

冷えとり温ちゃんは、リンクと引用フリーです。出典冷えとり温ちゃんのみ明らかにしてくださいね。


食べもの・飲み物であったまる食べ物温活
直接温めるお鍋やホットココア。血液の流れを良くしてくれるしょうがやカレーなどのスパイス、そして温め体質を作る食品など


 

はじめて冷え取りする方に

温活の中心は冷えとりです。大事なのは下半身を温め上半身を涼しく保つこと。この章では、まずは温活のコアとなる冷えとりについてその基本と要点をお伝えしています。

●冷えとりワールドへのいざない ●冷えがない人はいません ●忘れてはいけない運動の大切さ ●冷えとりは自分でできる健康法 ●人は3つの営みで生きている ●からだの言い分 ●腹七分目で免疫力アップ ●冷えとりで痩せるってホント?

半身浴や重ね履き、足湯のアドバイス

冷えとりの基本は、靴下の重ね履きではありません。最初にやってほしいのは半身浴。この章では半身浴を中心に、半身浴や足湯、湯たんぽ、靴下の重ね履きなどひえとりのやりかたについて詳細にお伝えしていきます。

●冷えとりの基本は半身浴 ●お風呂の楽しみ ●入浴剤の話 ●お風呂のかわりに足湯 ●さあ、いよいよ次は重ねばきです ●重ねばきのやり方 ●絹製品の洗い方 ●レギンスとレッグウォーマー ●湯湯婆(湯たんぽ)は寝ているときの半身浴 ●呼吸法で大事な腹式呼吸 ●みなさんお悩みの靴 の話

めんげんや好転反応の話

現代社会に住む私たちは、日々様々な毒素を体にためています。出すことの大切さとその方法、そして冷えとりではめんげんと言われる好転反応について、この章ではお伝えしていきます。

●毒だしって何? ●毒のプール ●靴下の穴の話 ●症状の4つの分類 ●日常のめんげん ●気の話 ●冷えとりでがんを治す

女性と冷えとりの関係

冷え性が女性に多いように、女性は男性よりも冷えている傾向にあります。また、その冷えが様々な婦人科系のトラブルを引き起こします。子宮温活で女性のトラブルの多くは劇的に改善することがあります。この章では、とくに女性と冷えとりについて重点的にお伝えしていきます。

●女性は冷えている ●妊娠・つわりと冷えとり ●布ナプキンにしてみたら ●経皮毒の話 ●冷えとりと布ナプキン ●経血コントロール ●月のカレンダー ●女性に多い便秘の悩み ●男性と冷えとり

東洋医学と陰陽五行

冷えとりは、東洋医学に基づいた民間療法です。陰陽五行は、冷えとりという航路になくてはならない航海図です。すすむべき道に迷ったとき、めんげんや毒出しで原因をみつけたいとき、陰陽五行はきっとあなたの役に立つはずです。

●陰陽って何 ●五行のお話 ●相生と相克 ●望診法 ●エゴ(我執)について ●五行の長所と相性 ●五味調和 ●体内時計と五行 ●魂の進化

玄米食・マクロビや重ね煮、糖質制限の話

私たちの体は食べ物でできています。体を温めることと同じように、何を食べるか、どう食べるかはとても大事なテーマです。ここでは体を温める食べ物のみならず、断食やマクロビオティックなどについてお伝えしていきます。

●空腹で体が若返る!? ●プチ断食●日常の食事量について ●陰陽調和 ●マクロビオティック ●玄米を食べよう ●重ね煮 ●白砂糖の害について ●食べ物の食べ合わせの話 ●糖質制限について

自然療法と自己免疫力

東洋医学では症状即療法と言って、熱が出た咳がとまらないなどはすべて体が治そうとして仕組んでいることと考えます。日本古来からの知恵である民間療法や自然療法を知ることで、できるだけ病院や薬に頼らずに健康でいる方法について、この章では考えていきます。

●自然療法 ●風邪は神様からのプレゼント ●こんにゃく湿布 ●サラサラ血液とどろどろ血液 ●ヒートショックプロテイン ●千島学説と血液のお話 ●操体法 ●砂浴

世のなかにも冷えとりを

体を温めることで、心や社会までも温めることができます。自分のことだけでなく世のなかや地球環境や魂の進化にまで温活と冷えとりはかかわってくると私たちは考えています。この章の記事こそが実は温ちゃんが一番伝えたいことなんです。

●心の冷えとり ●星に願いを ●レッテルを貼るということ ●買い物の話 ●セックスと陰陽 ●男社会と冷えとり ●幸福とは ●人間の成長と五行の話