ほんとうの健康食品って?

健康にい食べ物

スーパーフードやオメガ3

世の中は健康にいいという食事法であふれかえっています。

ネットでもテレビでも○○が体にいいという情報が毎日のように流れてきます。

正しい食事法を身につけるには、たくさんの知識を身につける必要があるのでしょうか?

学校給食や病院食はカロリーや成分などの正しい知識の上に献立ができています。

それでは本当に給食や病院食で私たちは健康になれるのでしょうか?

温ちゃんは、「あふれかえる情報は気にしない」ことが一番いい食事法だと思っています。

それでは温ちゃんの考える体にいい食事法は?と聞かれれば

「できるだけ昔っぽいものを食べる」と答えます。

オメガ6がなんだとか、スーパーフードとかいいません。

でもこれじゃあ、あまりにも漠然としているので

温ちゃんの考える「体にいい食事10か条」

いってみましょうか

1)あまり品種改良や加工がされていないものを食べる

遺伝子組み換えされたコーンやじゃがいも、抗生物質やホルモン剤を混ぜて無理に成長させた鶏や豚の肉。

今では野菜の種でさえ、次世代につながらない不自然な掛け合わせで作られています。

現代病の多くは不自然な品種改良で育てられている食品が原因かもしれません。

2)生か、軽い調理で食べられるものを選ぶ

ローフードがはやるのは、今の私たちの食事がなんでも火を通すようになったから。

大昔はなんでも生で食べていたように、ある程度は生の食品は私たちの体に必要です。

焼いたり煮たりする代わりに、私たちは乾燥させたり発酵させたりって知恵を得てきました。

3)丸ごと全体を食べられるものを選ぶ

食べ物の中の役割は食品の中と皮、根と葉っぱでは違います。

多くを捨てて一部だけを食べるようになってから、栄養学に私たちは頭を悩まさなくてはならなくなったのです。

4)野生か有機栽培されたものを食べる

100年前の食事と今の食事の一番の違いはって言ったら、農薬や食品添加物を使うようになったこと。

現代人は気を付けている人で年4㎏、ファミレスやコンビニ、ファーストフードが好きな人だと、なんと年11㎏もの農薬・食品添加物を摂っているそうです。

一食一品での摂取量は少なくてもちりも積もればなんとやらです。

5)季節のものを食べる

体を冷やす食べ物を知識として持たなくても、旬のものを食べていれば問題ありません。
旬の食材は無理して作らなくてもできるので、農薬使用や品種改良・栄養面などの観点からも自然に近い食べ物です。

6)自分のまわりにありふれたものを選ぶ

チアシードだアサイ―だ、ココナッツオイルだなんて言わなくても、私たちの周りにはすぐれたスーパーフードがありふれています。

イワシやサンマはオメガ3が豊富ですし、納豆を食べていればココナッツオイルを取らなくても抗酸化物質は摂取できます。

納豆や味噌、青魚で栄養を普通に摂っていれば、油の摂りすぎもありません。

7)バランスよく食べる必要はない

いろいろな栄養素を考えて30品目摂ろうと思ったら、どうしても旬じゃないものや自然からはなれたものを食べることになります。

季節によって人は同じものばかりを食べてきましたが、一年を通してみればちゃんとバランスが取れるはずです。

毎食バランスよく食べる必要はまったくありません。

同じように朝・昼・晩、規則正しく食べる必要もないと思っています。

食べたいときに食べ、食べたくないときには一食抜く。

体の声を聞いていくと、それがあたりまえになっていきます。

8)食べることに集中する

テレビを見ながら、おしゃべりしながらの食事は、食べすぎたりよく噛まなかったりします。

楽しい女子会まで否定するつもりはありませんが、普段の食事は集中してしっかり食べることも大事かなって思います。

9)感謝して食べる

食卓にのぼったご飯やおかず。

たくさんの人の思いと頑張りが集まって、あなたのテーブルの上に並びます。

また、肉や魚、野菜も私たちはいのちをいただいているってことも忘れずに、感謝して食べましょう。

感謝する気持ちを忘れると、食事はモノになっていきます。

栄養素や体にいかばかり考え、頭でっかちになります。

食事はいのちをいただくってことを忘れないようにしましょうね。

10)たくさん食べない

いつでも食べるものがあふれている現代。

飽食とともに、たくさんの食べ物が廃棄されていきます。

食べすぎないってことが、一番健康にいいのかもしれません。

シンプルな食事を、よく噛んで、少しだけ食べる

これが一番の健康法だと温ちゃんは思います。

****************(PR)************************

食べもの温活ECサイト
体を温める飲み物と食べもの・・・食べ物温活

冷えとり靴下だけじゃない。レッグウォーマー・レギンス・足湯器や腹巻パンツ・・湯たんぽ・体を温める食べ物まで。温活と冷え性対策なら何でもそろう通販サイト
冷えとりコンシェルジュ


引用

冷えとり温ちゃんは、リンクと引用フリーです。出典冷えとり温ちゃんのみ明らかにしてくださいね。


冷えとりハンドブックメール便なら送料無料!1冊500円。温ちゃんの記事をまとめた冷えとりハンドブック


 

はじめて冷え取りする方に

温活の中心は冷えとりです。大事なのは下半身を温め上半身を涼しく保つこと。この章では、まずは温活のコアとなる冷えとりについてその基本と要点をお伝えしています。

●冷えとりワールドへのいざない ●冷えがない人はいません ●忘れてはいけない運動の大切さ ●冷えとりは自分でできる健康法 ●人は3つの営みで生きている ●からだの言い分 ●腹七分目で免疫力アップ ●冷えとりで痩せるってホント?

半身浴や重ね履き、足湯のアドバイス

冷えとりの基本は、靴下の重ね履きではありません。最初にやってほしいのは半身浴。この章では半身浴を中心に、半身浴や足湯、湯たんぽ、靴下の重ね履きなどひえとりのやりかたについて詳細にお伝えしていきます。

●冷えとりの基本は半身浴 ●お風呂の楽しみ ●入浴剤の話 ●お風呂のかわりに足湯 ●さあ、いよいよ次は重ねばきです ●重ねばきのやり方 ●絹製品の洗い方 ●レギンスとレッグウォーマー ●湯湯婆(湯たんぽ)は寝ているときの半身浴 ●呼吸法で大事な腹式呼吸 ●みなさんお悩みの靴 の話

めんげんや好転反応の話

現代社会に住む私たちは、日々様々な毒素を体にためています。出すことの大切さとその方法、そして冷えとりではめんげんと言われる好転反応について、この章ではお伝えしていきます。

●毒だしって何? ●毒のプール ●靴下の穴の話 ●症状の4つの分類 ●日常のめんげん ●気の話 ●冷えとりでがんを治す

女性と冷えとりの関係

冷え性が女性に多いように、女性は男性よりも冷えている傾向にあります。また、その冷えが様々な婦人科系のトラブルを引き起こします。子宮温活で女性のトラブルの多くは劇的に改善することがあります。この章では、とくに女性と冷えとりについて重点的にお伝えしていきます。

●女性は冷えている ●妊娠・つわりと冷えとり ●布ナプキンにしてみたら ●経皮毒の話 ●冷えとりと布ナプキン ●経血コントロール ●月のカレンダー ●女性に多い便秘の悩み ●男性と冷えとり

東洋医学と陰陽五行

冷えとりは、東洋医学に基づいた民間療法です。陰陽五行は、冷えとりという航路になくてはならない航海図です。すすむべき道に迷ったとき、めんげんや毒出しで原因をみつけたいとき、陰陽五行はきっとあなたの役に立つはずです。

●陰陽って何 ●五行のお話 ●相生と相克 ●望診法 ●エゴ(我執)について ●五行の長所と相性 ●五味調和 ●体内時計と五行 ●魂の進化

玄米食・マクロビや重ね煮、糖質制限の話

私たちの体は食べ物でできています。体を温めることと同じように、何を食べるか、どう食べるかはとても大事なテーマです。ここでは体を温める食べ物のみならず、断食やマクロビオティックなどについてお伝えしていきます。

●空腹で体が若返る!? ●プチ断食●日常の食事量について ●陰陽調和 ●マクロビオティック ●玄米を食べよう ●重ね煮 ●白砂糖の害について ●食べ物の食べ合わせの話 ●糖質制限について

自然療法と自己免疫力

東洋医学では症状即療法と言って、熱が出た咳がとまらないなどはすべて体が治そうとして仕組んでいることと考えます。日本古来からの知恵である民間療法や自然療法を知ることで、できるだけ病院や薬に頼らずに健康でいる方法について、この章では考えていきます。

●自然療法 ●風邪は神様からのプレゼント ●こんにゃく湿布 ●サラサラ血液とどろどろ血液 ●ヒートショックプロテイン ●千島学説と血液のお話 ●操体法 ●砂浴

世のなかにも冷えとりを

体を温めることで、心や社会までも温めることができます。自分のことだけでなく世のなかや地球環境や魂の進化にまで温活と冷えとりはかかわってくると私たちは考えています。この章の記事こそが実は温ちゃんが一番伝えたいことなんです。

●心の冷えとり ●星に願いを ●レッテルを貼るということ ●買い物の話 ●セックスと陰陽 ●男社会と冷えとり ●幸福とは ●人間の成長と五行の話


てくてくねっと販売サイト