温ちゃんです。

空腹は免疫力をアップさせ老化を防いでくれますが、食事でも同じ効果を得る方法があります。

それは生の野菜や果物をもりもり食べる方法で、ローフードといいます。

ロー(RAW)フード(FOOD)というのは生の食べ物を積極的に摂ろうということ、具体的には48度以上の加熱処理をしていない野菜や果物、ナッツやスプラウト(もやしやカイワレ)を中心に、焼いたりゆでたりするかわりに、浸す・混ぜる・潰す・搾る・乾燥させるといった調理をして食べる食事法です。

ローフードの最大の特徴は「生きた酵素」を摂るということ、だから食事すべてローフードにとか考えず「酵素をいっぱい食べるぞ!」と思ってもらえばいいのです。

私たちがいつまでも健康でいるためにはマクロビオティックは冷えとりとともに大いに助けになります。

でも陽性の食品ばかり食べることに目が行くと体内から酵素が不足することがあります。

酵素の不足は肌のハリや若さの喪失につながっていきます。

そこそこ健康な人にとって、夏は酵素をいっぱい摂る季節です。と温ちゃんは思っています。

あまり陰陽にとらわれず、バナナもパイナップルもトマトもナスもいっぱいいっぱい食べましょう。

それでは少しばかり酵素のおはなし。

酵素というのは消化や吸収を助け、生命の営みに欠かせない代謝を促す物質ですが、熱に弱く体内の酵素も年齢とともに減少していくと考えられています。ずばり酵素が減ると老けていきます。

果物や野菜の多くは、ほうっておくと次第に熟してきますね。これは食物の中の酵素の働きによるものです。

この酵素が食事としてとりこまれた際に消化吸収に使われます。

ところが加熱するとこの酵素が死んでしまうため、私たちの体内にとりこまれた時に、食物自身の酵素のかわりに体内酵素が消化吸収に使われることになります。

体内にある酵素には限りがあるため身体を若く美しく保つために必要な代謝酵素が相対的に減少して、かわりに消化吸収に必要な消化酵素が増えることになるのです。

反対に、生の野菜や果物を十分に摂っといれば、食べ物に含まれる酵素が自己消化をするので体内にもとからある酵素は、その多くを代謝に使うことができるため、新陳代謝が盛んになり、体内毒素の排泄が促され、血液や細胞の循環がよくなり、身心の健康やみずみずしい肌を手に入れることが可能になるということなんです。

食事では野菜から箸をつけます。パンやご飯と肉・魚は一緒には食べません。

そのほかローフードの実践には、生きた酵素を効果的に摂るためのいくつかのコツとノウハウがあります。

明日はそのあたりのことについて書く予定です。

それでは。

Image1