交感神経と副交感神経

今日は、いつもゆるんでいる人ほど
 
病気になりにくいというお話です。
 
 
 
自律神経は人のこころと体をつないでいる神経で、
 
交感神経と副交感神経があるってことはご存知ですね。
 
交感神経は興奮や活動を高め、
 
副交感神経は体をリラックスさせます。
 
交感神経が優位な時は白血球中の顆粒球が増えリンパ球が減って
 
副交感神経が優位の時は、その逆になるそうです。
 
 
 
顆粒球が増えすぎると外から入ってくる細菌だけでなく
 
体内の有益な細菌までやっつけてしまいます。
 
交感神経優位の状態では、リンパ球が少なく免疫力が低下します。
 
がんをはじめとする病気の7~8割は、
 
交感神経が優位の状態が続くことで
 
引き起こされるといわれています。
 
 
 
 
交感神経優位な状態にはたくさんのエネルギーが必要です。
 
酸素やエネルギー源を大脳や骨格筋にたくさん送り込むので
 
心拍数を増やし、血圧をあげて血液の循環を促します。
 
そんな状態をずっと維持できるのは90分が限界だそうです。
 
大学の講義は一コマ90分、サッカーの試合も90分
 
運転は1時間半ごとに休めというのは
 
交感神経を優位にして集中力を高めていられるのは、
 
90分が限界だから
 
 
 
現代人は自然のリズムを無視して働き続け、
 
その結果いつも免疫をつかさどるリンパ球が減っている状態です。
 
頑張ったら適度に休むってことは健康のために大事です。
 
緊張状態が継続する働きすぎをやめて、怒らず、感情を抑え込まず
 
心配をしすぎず、できるだけ笑い、
 
心をおおらかにして人生を楽しむ
 
それが、なによりの健康の秘訣なんです。
 
 
 
副交感神経を優位のするには
 
90分ごとにお茶タイムをとる
 
よく笑う
 
よい香りや、ゆったりした音楽を愉しむ
 
ペットやあかちゃんと戯れる
 
睡眠をしっかりとる
 
そして、ぬるめのお風呂でゆったり入浴
 
これが一番ですね
 
半身浴・リラックス

引用

冷えとり温ちゃんは、リンクと引用フリーです。出典冷えとり温ちゃんのみ明らかにしてくださいね。



冷えとりハンドブックメール便なら送料無料!1冊500円。温ちゃんの記事をまとめた冷えとりハンドブック


てくてくねっと販売サイト