dscn3638
健康ってなんでしょう?

病気じゃないこと!?・・・

温ちゃんは、治る力がある状態が健康だと思っています。

たとえ今病気で寝ていても、ちゃんと回復できる力があれば健康

見た目問題がなくても、ウイルスなんかに簡単にやられてしまえば

健康とはいえないんじゃないかしら。

薬や治療法、民間療法などを選択するときにも

苦痛の緩和や緊急時の時期を過ぎたら

治る力を助けてあげれるか、それとも治る力を阻害するのか

じっくり見定めて、続けるかどうか決めていただきたいものです。

治る力を阻害する最大要因の一つに「頭」があります。

病は気からっていうじゃあないですか。

治ると思えば自然治癒力は発動します。

病院で先端医療を受けていても、逆に民間療法にどっぷりつかっていても

「なんとかなるだろう」「きっとうまくいくはず」

という楽観主義は、病気克服の最大の薬です。

逆に「こんなやりかたうまくいくはずない」と

頭でっかちになってしまったら、治るものも治りません。

それは、周囲からの「そんなやり方ダメ」という刷り込みや

また、「病気で弱った私をもっといたわってほしい」

という無意識下の言葉にならない思いも一緒です。

でも、世の中は楽観的な人ばかりではありません。

つらい・痛い・悲しい・さびしいといった

マイナスの感情は、脳が言葉にしてはじめて意識されます。

マイナスの感情は、そのまま言葉にしないこと

「しゃーないなー」「なんとかなるさ」といった

楽観的な口癖は、それを言葉にするだけで

あなたのからだにいい作用をもたらします。

病気がなかなか治らないと思ったら

心の中のブレーキをはずしましょう。

それには、頭でっかちをやめて

「なんとかなるだろう」「きっとうまくいくはず」を

口癖にしてみませんか。