いつでもお腹いっぱい食べられるようになったのはつい最近。

それまでの何千年という長い間ヒトはおなかをすかせてきました。

体の中でつくられる酵素には限りがあります。

酵素を消化に使えば、代謝に使う酵素が不足して

脂肪燃焼ができずお腹がでっぱって

免疫力が落ちたり、排泄機能が低下したり

代謝による体温上昇が阻害され、体が冷えてきます。

いつもお腹を空かせているようにしましょう。

そうすれば、体内の潜在酵素は代謝にまわり

体温が上昇して体はほっそり、お肌はつやつや

自己免疫力も上がり病気になりにくくなります。

そうはいっても食が暮らしの一番のイベントになり

女子会や懇親会と言えばおいしいものが鉄板

待ち合わせも、家族サービスもレストラン

テレビはグルメ番組にあふれ、食べたいものはすぐに手に入る今日

なかなか少食を常とするのは困難なものです。

それじゃあ、消化のための酵素は外から摂りいれて、

体内酵素はその分代謝に回そうってのは、次善の選択です。

酵素は熱に弱いので、加熱しないで食べる飲む・・・

つまりローフードやロージュース、

ナチュラルハイジーンが注目されているのです。

世界には何万という酵素があって、

それぞれに消化や代謝の得意分野は違います。

パイナップルやパパイヤの酵素は果物の消化には優れていますが、

野菜や穀物や動物性のものの消化には向いていません。

だからローフードもいろいろな野菜やナッツ、果物などを

からだに取り入れることが大切になってきます。

でもロージュースや生野菜は体を冷やします。

また外から酵素をたくさん入れても、

その分余計に食べていては元も子もありません。

だからこそ、最終的には少食が一番ってことなんですが

なかなかね・・・・

************(PR)***************
マクロビ会社が作った無添加酵素ジュレ
【今ならお試し10本セットがついてくる】活きた酵素80種類のめぐみジュレ2箱セットビオクラ

bq_fig14