日が長いと、ついつい長い時間働いてしまいます。

温ちゃんは昔本当に疲れた時に一度

スタミナドリンクなるものを飲んでみたら

もりもりと元気が湧いてきたのを今でも覚えています。

そして、その時にこうも思いました。

「あ、このままスタミナドリンクに頼っていたら、いつかそのうち過労死する」

それ以降は一度もスタミナドリンクの

お世話になったことはありません。

私たちはなぜ疲れるのでしょうか?

乳酸をはじめとしたさまざまな疲労物質が体内にたまると

脳は疲れたと判断して休息を要求します。

疲れると横になりたくなります。

それは、心臓と足先が同じ高さになって、血の巡りが良くなるから

もうひとつ、疲れるとマッサージに行きたくなります。

こちらも血の巡りが目的です。

つまり疲れを取ろうとして体が要求しているのは

血の巡りをよくすることなんです。

同じ姿勢でいると疲れるのは、

体の中で使っている筋肉と使わない筋肉ができることで

スムーズな血の循環が阻害されるから。

スポーツやレジャーで疲れても心地よいのは

体全体がまんべんなく疲れた時

そんな全身の疲れは、回復も早いような気がします。

家でじっとしていれば健康になれるわけではないように

疲れるということは体にとっては必要なことなんですね。

大事なのは疲れをためないこと残さないこと。

そのためには血の巡りをよくすることが一番です。

夏でもシャワーで済まさず、しっかり半身浴する

それが疲れを残さない最大の方法です。

ところで英語で過労死って何て言うか知っていますか?

こたえはこちらから↓

karoshi

イギリスでもフランスでもkaroshiで通じるそうです。

なんとも不名誉な国際語ではありませんか。

Image1