13327623_1064113767016885_3647301451103079077_n

暑くなってきましたが、

靴下重ねてますか?

靴下はもちろんですが、

肌着もシルクが理想です。

よく衣擦れといいますが、

シルクが肌に引っかかる感じが

デトックスにとっては

非常に意味を持っているんです。

シルクのたんぱく組成は、

肌ととてもよく似ています。

その上、

絹の繊維はまん丸ではなく三角形なので、

肌と擦れると、

紙やすりのように角質層を削ってくれます。

おしっこや汗でデトックスしやすい

水に溶ける毒と違って

放射能や農薬、

重金属などの脂性の毒は

主な出口は皮膚です。

シルクの靴下や肌着が

皮膚表面の角質層を削ることによって

肌の表面とシルクの間の

バリアがなくなります。

するとどうなるでしょうか。

皮下の溜まった脂性の毒が、

浸透圧によってシルクの肌着に移ります。

シルクにたまった毒素は、

そのままでは溜まって終わりですが、

靴下を重ね履きすることで、

その上に重ねた綿やウールに移ります。

2枚しか靴下を履かなければ

2枚目にたまった毒が満杯になるとおしまいです

さらに靴下を増やすことで、

綿やウールに移った毒は

さらに次のシルク→綿・ウールへ移動します。

直列に電池をつなぐと、

パワーが増すように、

絹と綿(ウール)は重ねれば重ねるほど

デトックスの力を引き出します。

靴下の重ね履きは、

温めるだけではなく

デトックスの力を最大限に引き出す

とっておきの知恵なんですね。