冷えとりと休息

横になる

病院へ行くより横になりましょう

具合が悪いとき風邪をひいたとき、病院へ行って待合室で名前を呼ばれるのを待っているより家で横になって休みましょう。

心臓から流れ出た血は、頭と体に分かれ体に向かう血は、足先まで重力に従って流れていきますが、帰りは重力に逆らって心臓まで戻ることになります。

足先には心臓はありません。

足がむくんだり、だるくなるのは人が二足歩行するようになったから

足先まで来た血がスムーズに心臓まで戻れないからです。

しかも私たちの足は心臓より10度近く体温が低いとなれば当然足先には老廃物もたまります。

足にいぼや水虫ができやすいのも靴下の穴が開きやすいのも老廃物がたまりやすいからです。

運動してしっかり足を使うこと、足裏マッサージをするのも大事

でも、疲れた時や調子が悪い時には運動やマッサージはつらいものがあります。

そんなときは薬に頼るのではなくまずは横になることが一番

横になれば血がスムーズに流れる

休息の必要性

横になれば血流も重力の影響をうけることなく体中をスムーズに循環し始めます。

血液の中のキラー細胞や白血球も体の隅々まで運ばれて、風邪も早くよくなります。

だから、風邪をひいたら、薬に頼らずちゃんと休む

体調がすぐれないときは、とにかく横になる

それができなくて薬に頼らざるを得ない世の中はどっかおかしいんじゃないかしら

みんな頑張りすぎなんじゃないの

それで幸せ?

温ちゃん

*****************************************

天使のシルク肌ふとん
【限定30%OFF!】ハート 天使のシルク掛ふとん【即納可】【送料無料】税抜45,500円

シルク100%の極上の肌ざわり!とろけるようなおふとんに包まれる幸せをぜひ味わってください


冷えとり靴下だけじゃない。レッグウォーマー・レギンス・足湯器や腹巻パンツ・・湯たんぽ・体を温める食べ物まで。温活と冷え性対策なら何でもそろう通販サイト
冷えとりコンシェルジュ



引用

冷えとり温ちゃんは、リンクと引用フリーです。出典冷えとり温ちゃんのみ明らかにしてくださいね。