何もつけないスキンケア

肌の構造

ターンオーバー

外から余計なものを入れずに、循環をよくして新陳代謝を活発にしてあげれば内臓は元気でいられます。

同じように肌も基礎化粧品やクレンジングや保湿クリームなどに頼らずに、新陳代謝をあげてやるだけでお金をかけずにまるで10代の頃のような肌がよみがえります。

肌の表面部分には5~10層の死んだ表皮細胞=角質細胞があります。

角質細胞が垢やふけとなって一枚体から離れると、その信号が伝わって新しい表皮細胞ができます。

そうして約一か月かけてまったく新しい肌へと再生していきます。

クレンジングで無理に角質細胞を落としたり、逆に保湿クリームで角質を覆ってしまうと、肌のターンオーバーのリズムが狂ってしまい、それがストレスとなってニキビや肌荒れ、くすみやシミとなって現れます。

何もつけない

それじゃあ、スキンケアはどうするのが一番でしょう。

何もしないこと・・・

それがいつまでも若々しい肌を保つ一番の方法です。

洗顔はぬるま湯でこすらずに洗い、お風呂に入っても、ふだんは体を洗わない。

今日は汚れたなという時だけ天然の石けんで(ごしごしやらずに)ソフトに洗いましょう。

可能なら外出や仕事もすっぴんで、それが無理な環境ならできるかぎり自然に近いコスメを少なめに使うことが、長くハリのある肌を保つための秘訣です。

クレンジングやピーリングはもちろん、保湿クリームや基礎化粧品、ファンデーションやメイクアップ、UVケア・・・・すべてのスキンケアは肌にとってはダメージです。

お肌から毒出し

スキンケアをやめると最初の数カ月は逆に肌が乾燥して色もくすみ、ニキビや湿疹、吹き出物もあふれてきます。

これらは、すべて毒だしです。

そこで耐えて、ほんとうの元気な肌を取り戻せるかは、あなたの意志にかかっています。

じゃあその間、ただ耐えているしかないのでしょうか。

やれることは新陳代謝を盛んにすること。

血やリンパの巡りをよくして真皮に流れる血管やリンパからしっかり酸素と栄養を供給してあげると、それだけで肌細胞は元気になり、若々しい肌が戻ってきます。

冷えとりをしていたら、シミやくすみがなくなった、白髪が減った、肌にハリが出てきたという話をよく聞きます。

そう、肌にとって一番いいのは、何もつけないこと。

そして頭寒足熱です。

冷えとりスキンケア
*********************************************
体の中から潤いましょう
栄養補助サプリ「うるほひ」
つけるなら、自然でシンプルなスキンケア

THE GOAT アルガンスキンケアクリーム 35g

引用

冷えとり温ちゃんは、リンクと引用フリーです。出典冷えとり温ちゃんのみ明らかにしてくださいね。



冷えとりハンドブックメール便なら送料無料!1冊500円。温ちゃんの記事をまとめた冷えとりハンドブック


てくてくねっと販売サイト