かかとありソックス派とかかとなしソックス派

ベテラン冷えとりさんの中には10枚とか20枚とか履いておられる方もいますね。

そうなると、気になってくるのが靴下のゴムとかかと部分。

一枚一枚は緩いゴムでも、枚数を重ねると締め付け感が半端ありません。

温めたくて履いた靴下で、血行が悪くなって足が冷える

なんてシャレになりませんね。

靴下を買ったら最初にゴムを抜くって方もおられますが

できれば枚数をたくさん重ねるには、

できるだけ足口のゴムがゆるかったりゴムのない靴下を選びましょう。

(そのかわり4枚重ねくらいだとゆるゆるで、ずれてきてしまいますが)

そして

冷えとり靴下には、かかとありとかかとなしがあります。

かかとがある靴下は、一般の靴下と同じようにフィットします。

また、履いていてずれていきにくいのが特徴です。

甲の部分のツッパリ感がないのもいいですね。

そのかわり、肌に近い最初の4枚はSサイズ、次の5~8枚目はMサイズ、

9枚目からはLサイズって揃えなければいけないのがちょっと面倒です。

ところが、冷えとりさんの中にはかかとがない靴下が好き!って方もおられまして

何枚も履いた時に、肌に近い部分はMサイズ、10枚目にはLサイズって、分けないですむとか

かかとに穴が空いたら、反対の足に履けば穴が甲のほうに行くから使いまわせるとか

そもそも、枚数重ねるとかかと部分がいらないっていうか、邪魔とか

枚数を重ねるベテランさんなりのこだわりがあって、面白いものです。

あなたは、どちら派ですか?
******************************
かかとなしゆるゆるの冷えとり重ね履きビギナーセットはこちら

まずはこれから!温ちゃんの冷えとり重ね履き靴下シルク&ウール4足セット

かかとありなら

【送料無料】大法紡績五本指家族「健康組曲」
シルク&ウール5足組. 本格的に冷えとり健康法を実践したい方に!
重ね履き用に開発された5足組冷えとりソックス