気がつけば暦の上ではもう夏!

夏は汗をかく季節です。

夏の冷えとりの必須アイテムはらまきパンツ
冷え性対策グッズ冷え性対策グッズ
冷えとり温ちゃん最新記事
温ちゃんの冷えとりハンドブック

汗をかくことで体温調整の能力は向上します。

そしてそれは基礎体温の上昇につながります。

汗腺の数は3歳までにほとんどきまるといいます。

小さいころにいっぱい汗をかくってのは

とっても大事なことなんですって。

あせもになるからって

いつも空調の中で育てていると

大人になって発汗がうまくいかず

熱中症になりやすかったりするらしいです。

エアコンもほどほどにね。

そしてもう一つ。

汗はとっても大事なデトックス。

汗を出す汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。

エクリン腺は、主に体温を

調節するための汗腺で全身に分布しています。

エクリン腺からの汗は99%が水分で

残りのほとんどは塩分です。

においもほとんどなく

さらっとしています。

エクリン腺からの汗を

温ちゃんは「浅い汗」って呼んでいます。

浅い汗は体温調節はしてくれますが

デトックスの力はほとんどありません。

アポクリン腺はわきの下や足の裏など

特定の場所に多く集まっています。

アポクリン腺から出る汗はタンパク質や脂質

アンモニアなどを多く含み

においも強くアルカリ性のため

絹タンパクや毛などを溶かします。

そう、冷えとりで目指すはアポクリン腺からの汗

温ちゃんに言わせれば

「深い汗」をどれだけだせるかって

ことにかかっています。

身体を温めることで

水銀、ヒ素、ダイオキシンなどの

毒物や脂肪が体内から血管に流れ込み

アポクリン腺から体外へとデトックスされます。

浅い汗やほかの方法では

デトックスしにくい現代の社会毒は

しっかり深い汗で出すことが大事です。

エクリン腺からの「浅い汗」と違って

「深い汗」は、ゆっくり時間をかけて

体を温めることで活性化して

出やすくなるそうです。

深い汗が出始めるのは

温めはじめてから20~40分後だといわれています。

そう長時間の半身浴や足湯が有効ですね。

アポクリン腺からの「深い汗」は

たんぱく質と絡みついて

綿ぼこりのようになって皮膚から出たり

脂性の固まりとなって浴

槽にびっしりくっついたりします。

また匂いもきつく

岩盤浴や砂浴では

近くの人が毒にあたったりするといいます。

脂肪や血液やリンパ、様々なたんぱく質も

深い汗にはごくわずかに含まれますので

体調によって血液が多く混じったり

脂肪が多かったりすることで汗が

黄いろくなったり赤くなったりします。

お風呂は深い汗を出すには一番の方法です。

アポクリン腺は足や腋の下や額

乳輪や性器・肛門の周りなどに多く存在します。

半身浴はもちろん

ぬるいお風呂に肩までつかり

腋の下やおっぱいのアポクリン腺を

活性化させてあげるのもいいかもね。

マーマーマガジン×てくてく25周年企画マーマーマガジン×てくてく25周年企画
鍋の素セット
冬はやっぱり鍋!選べる鍋スープセットで登場


全国の冷えとりさんに大人気!極上の履き心地


スタッフイチオシ!冷えとりを始めるときに、おススメの重ね履き靴下4足セットです。


大法紡績の冷えとりスパッツ


2018年秋冬コレクション シサム工房


大人気はらまきパンツ5分丈がリニューアルしました★


白うさぎ 布ナプキンユーザーから愛される、ザ・シンプル布ナプキン


マアル 身体を締め付けない 満月パンツ・新月パンツ


子どもの冷えとり 靴下や腹巻パンツ


芦屋のクネクネ靴下 秋の新色


温ちゃん記事検索のおすすめ

冷えとり温ちゃん冷えとり温ちゃん

冷えとり温ちゃんの温活ナビでは、冷えとりと温活についていろいろな話を書いています。気になった言葉や疑問に思ったことがあったら、検索窓から探してみてくださいね。きっとそこに答えが見つかるはずです。

温ちゃん記事のリンクと引用について

引用

冷えとり温ちゃんは、リンクと引用フリーです。出典冷えとり温ちゃんのみ明らかにしてくださいね。



冷えとりだけじゃない!冷え性対策のグッズあれこれ


冷え性改善