ずいぶん久しぶりの投稿です。
冷えとりの話です。

寒がりの人も暑がりの人も、男性も女性も、大人も子どもも私たちはみな、上半身にくらべ下半身は冷えています。
心臓から脳にかけて、私たちの体温は36.5度から37度くらいであるのに対し、足の指先はほぼ31度、その差は約6度あるのです。
そしてこの温度差を解消することによって、あらゆる身体の不調は解決していくというのが、冷えとりの根本原理です。
心臓から送りだされた血液は、動脈を通って、まず脳へと分岐します。残りは、肝臓、すい臓、胃・腸、腎臓、生殖器などの内臓や筋肉、骨などに送られ、一番遠いところで、足のつま先まで、毛細血管を通って全身をくまなくまわります。
足先が冷えていると、血管が細く硬くなり、血のめぐりが悪くなり、老廃物やコレステロールなどの毒素もたまります。
血流が滞ったり毒素が溜まったりするのは、まず足先からで、決して内臓や脳が先になることはありません。

したがって身体のトラブルは、それが頭痛や肩こりであったり生理不順や花粉症やアトピーであっても、まず下半身の冷えを取りのぞき、血の巡りをよくして、足先から毒素を取りのぞいてあげることが必要なのです。

足先の血の巡りがよくなると、全身をめぐる血の流れがよくなり、また血を送り出す心臓の負担が減るため高血圧が改善し脳卒中リスクが減り、頭痛や動悸・息切れがなくなっていきます。内臓も血液がスムーズに流れることで、臓器も温まり元気になっていきます。

冷えとりには、性別も年齢も、寒がりか暑がりかも関係ありません。すべての人にとって健康になるための道しるべ、それが冷えとりです。
ポイント
冷えとりの基本は下半身と上半身の体温差を小さくすること

hajimete