o

最近鼻水垂らしている子供ってあまりみかけませんね。

ウイルス、細菌、カビ、微生物。

ヒトも含めすべての動物と植物は微生物との共生によって生かされています。

植物でいえば根粒菌や菌根菌と呼ばれるカビが土中の栄養を集め成長の糧となります

昆虫などは体の3分の1が膨大な数の微生物で占められているため、どんな有機物でも栄養とすることができるのです。

人の胎児は無菌状態です。

ところが産道を通るときに1平方センチメートル当たり10~100万個の母親譲りの常在菌が赤ちゃんの皮膚にひっつきます。

この菌は口から鼻から皮膚から侵入して3日から4日で体内に定着します。

この常在菌が赤ちゃんのこれからを生き抜く基礎となります。

そして母乳からIgAという抗体を、へその緒を通してIgG抗体を譲り受けます。

そうして成長とともに食生活や環境にあわせて私たち自身のオリジナルの常在菌環境が体内にできていきます。

赤ちゃんの誕生直後の胎便はほとんど無菌ですが、数日後の便には1グラム当たり100億個の微生物が認められるそうです。

私たちは体内にビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌や、大腸菌やウェルシュ菌などの悪玉菌を飼っています。

といっても善玉菌・悪玉菌とは私たちの勝手な言い分

健康な体であれば多種多様な微生物が絶妙なバランスで体内で暮らしてます。

善玉菌も悪玉菌も一緒に私たちの消化を促したり、毒出しを助けたりしてくれているのです。

ウイルスだって一緒です。

ヘルペスウイルスが小腸の機能を高め子供の成長を助けてくれるとか、エイズウイルスが下垂体機能を高め新しい人類の一つ上の精神志向を促してくれるという「ウイルス進化論」というのもあるくらいです。

そう考えると微生物すべてをばい菌だと思うのはどうでしょう。

除菌スプレーや抗菌グッズでやっつけようという考え方がそもそもおかしいんじゃないのかなと思ってしまいます。

ふだんから体にたくさんの微生物を飼っていて、それらの微生物が体内で切磋琢磨していれば、ちょっとくらい外からばい菌が入ってきたって恐れるに足りません。

むしろ手をよく洗え、うがいしろ、風邪をひいたらやれ注射だ抗生物質だでは、感染症という微生物の侵入でおこる病気に簡単に負けてしまいます。

泥遊びした手でおにぎり食べたって、家に帰ってうがいをしなくたって大丈夫大丈夫。

帰ったらすぐに「キレイキレイ」のほうが不自然だと温ちゃん思うのですが、これって少数派?

img大法紡績 夏季限定販売商品、発売開始!! 『大法は「暑い」と「温い」は違う、と考えます。』
imgMOKUタイトタオルは 「うすい、かるい、やわらかい」! 春夏におススメのタオルです。
imgムーンピーチ 季節の変わりめは肌が敏感になりやすい時期です
img大人気はらまきパンツ5分丈★ 春のお出かけにも下半身が冷えず、おススメです。
banner-1col2019年春夏コレクション シサム工房
banner-1colショールを使っておしゃれの幅を広げよう♪
banner-1colメイド・イン・アース10%OFFSALE!! 5月15日~31日まで
banner-1col春にも活躍★足首ウォーマー・レッグウォーマー
banner-1colクネクネ靴下 ケアシリーズが始まりました。
banner-1col春休み・GWのオトナ女子旅!旅に持っていきたいもの。
banner-1col着る人に寄り添う服を ポプリ
banner-1colコンテックス 春に向けて新しいタオルを
banner-1colマアル 身体を締め付けない 満月パンツ・新月パンツ
banner-1col子どもの冷えとり 靴下や腹巻パンツ
banner-1col白うさぎ 布ナプキンユー ザーから愛される、ザ・シンプル布ナプキン


夏の冷えとりの必須アイテムはらまきパンツ
冷え性対策グッズ冷え性対策グッズ
冷えとり温ちゃん最新記事
温ちゃんの冷えとりハンドブック


引用

冷えとり温ちゃんは、リンクと引用フリーです。出典冷えとり温ちゃんのみ明らかにしてくださいね。


 

はじめて冷え取りする方に

温活の中心は冷えとりです。大事なのは下半身を温め上半身を涼しく保つこと。この章では、まずは温活のコアとなる冷えとりについてその基本と要点をお伝えしています。

●冷えとりワールドへのいざない ●冷えがない人はいません ●忘れてはいけない運動の大切さ ●冷えとりは自分でできる健康法 ●人は3つの営みで生きている ●からだの言い分 ●腹七分目で免疫力アップ ●冷えとりで痩せるってホント?

半身浴や重ね履き、足湯のアドバイス

冷えとりの基本は、靴下の重ね履きではありません。最初にやってほしいのは半身浴。この章では半身浴を中心に、半身浴や足湯、湯たんぽ、靴下の重ね履きなどひえとりのやりかたについて詳細にお伝えしていきます。

●冷えとりの基本は半身浴 ●お風呂の楽しみ ●入浴剤の話 ●お風呂のかわりに足湯 ●さあ、いよいよ次は重ねばきです ●重ねばきのやり方 ●絹製品の洗い方 ●レギンスとレッグウォーマー ●湯湯婆(湯たんぽ)は寝ているときの半身浴 ●呼吸法で大事な腹式呼吸 ●みなさんお悩みの靴 の話

めんげんや好転反応の話

現代社会に住む私たちは、日々様々な毒素を体にためています。出すことの大切さとその方法、そして冷えとりではめんげんと言われる好転反応について、この章ではお伝えしていきます。

●毒だしって何? ●毒のプール ●靴下の穴の話 ●症状の4つの分類 ●日常のめんげん ●気の話 ●冷えとりでがんを治す

女性と冷えとりの関係

冷え性が女性に多いように、女性は男性よりも冷えている傾向にあります。また、その冷えが様々な婦人科系のトラブルを引き起こします。子宮温活で女性のトラブルの多くは劇的に改善することがあります。この章では、とくに女性と冷えとりについて重点的にお伝えしていきます。

●女性は冷えている ●妊娠・つわりと冷えとり ●布ナプキンにしてみたら ●経皮毒の話 ●冷えとりと布ナプキン ●経血コントロール ●月のカレンダー ●女性に多い便秘の悩み ●男性と冷えとり

東洋医学と陰陽五行

冷えとりは、東洋医学に基づいた民間療法です。陰陽五行は、冷えとりという航路になくてはならない航海図です。すすむべき道に迷ったとき、めんげんや毒出しで原因をみつけたいとき、陰陽五行はきっとあなたの役に立つはずです。

●陰陽って何 ●五行のお話 ●相生と相克 ●望診法 ●エゴ(我執)について ●五行の長所と相性 ●五味調和 ●体内時計と五行 ●魂の進化

玄米食・マクロビや重ね煮、糖質制限の話

私たちの体は食べ物でできています。体を温めることと同じように、何を食べるか、どう食べるかはとても大事なテーマです。ここでは体を温める食べ物のみならず、断食やマクロビオティックなどについてお伝えしていきます。

●空腹で体が若返る!? ●プチ断食●日常の食事量について ●陰陽調和 ●マクロビオティック ●玄米を食べよう ●重ね煮 ●白砂糖の害について ●食べ物の食べ合わせの話 ●糖質制限について

自然療法と自己免疫力

東洋医学では症状即療法と言って、熱が出た咳がとまらないなどはすべて体が治そうとして仕組んでいることと考えます。日本古来からの知恵である民間療法や自然療法を知ることで、できるだけ病院や薬に頼らずに健康でいる方法について、この章では考えていきます。

●自然療法 ●風邪は神様からのプレゼント ●こんにゃく湿布 ●サラサラ血液とどろどろ血液 ●ヒートショックプロテイン ●千島学説と血液のお話 ●操体法 ●砂浴

世のなかにも冷えとりを

体を温めることで、心や社会までも温めることができます。自分のことだけでなく世のなかや地球環境や魂の進化にまで温活と冷えとりはかかわってくると私たちは考えています。この章の記事こそが実は温ちゃんが一番伝えたいことなんです。

●心の冷えとり ●星に願いを ●レッテルを貼るということ ●買い物の話 ●セックスと陰陽 ●男社会と冷えとり ●幸福とは ●人間の成長と五行の話