右半身と左半身の毒だし

右の靴下ばっか穴が開く、怪我をするのはいつも左。こんな経験ありませんか?

左半身と右半身についてです。

右利き左利きがいるように、人の体の動きはアシンメトリーです。そのアンバランスが気血の流れに歪みを引き起こし、そのバランスをとろうと、右ばっか左ばっかに毒だしをします。

出し切っちゃえば、また左右のバランスが取れるでしょう。または整体や気功などで左右のバランスを取るのもいいんじゃないでしょうか。

片側ばかりめんげんが出る人は、まず左右の体のゆがみを疑ってみてください。

さらに、内臓を見ていくと心臓や胃は左に寄っていて、肝臓や肺はそのぶん相対的に右にウェイトがあります。

したがって、心臓や胃のめんげんは左半身、肝臓や肺の毒だしは右半身に出やすいといわれます。その意味では腎臓や生殖器は真ん中でしょうね。もちろん相対的にってことですので、そうじゃない人もいると思いますが・・・

さらにさらに、左半身は女性性、右半身は男性性を表しているそうです。あなたが女性でパートナーが男性なら、右半身の毒だしはパートナーへの不満や不安に対する心の毒だし、左半身は自分自身が問題をかかえているって解釈もできます。ドキーッ!

さらにさ~~らに。ある人に言わせれば過去は右半身、現在から未来にかけては左半身という話もあります。古い傷をいやすのは右側、これから起こる、あるいは体の中で生まれている不調の警告は左側ってことでしょうか。(最初の文章で間違えていました。訂正しました。)

左半身は過去生の毒だし、右半身は今生のめんげんって書いてあるサイトもありますね。

ところで、首から上は左右が逆転します。顔や頭の左側は首から下の右側とつながっています。

左目ばかり疲れる、右の爪ばかり割れる貴女は、ひょっとしたらパートナーである男性への怒りの感情からくる肝臓の疲れが原因かもしれませんよ。

zakkoku

冷えとりハンドブックメール便なら送料無料!1冊500円。温ちゃんの記事をまとめた冷えとりハンドブック