はい、今日は女性と冷えとりの話についてです。

え?温ちゃんは女の子か男の子かって?

・・・・・・・・・・・・・・・・

(キャラかたまってないのかよお)
さて、

冷え症は女性に多い病気だといわれています。

ひとつには、スカートにサンダル、生足といった女性の服装に原因があります。
また、もうひとつには女性は男性に比べ、下腹部を中心に冷えを自覚しやすいからだの仕組みになっていると言われています。

だれでも下腹部に手をおくとひやっとしているかと思います。下腹部は足元についで冷えやすい部位なんです。

でも男の人は鈍感で気づきにくいのですが、女の人の下腹部は子宮をはじめとして器官が男のひとに比べ多く、また敏感にできていますので冷えの影響を受けやすいんですって。

だって、子宮が冷えていれば、赤ちゃんだってリラックスできませんものね。

冷えとりを実践していると、生理不順、生理痛やPMS、つわりや更年期障害が軽くなるほか、不妊の悩みが解決した、出産がつらくなくなった、といった事例もあります。それは子宮をはじめとした女性の器官が温かさを欲しているからです。

それだけではありません。
冷えとりをしていると肌色が薄くなり艶が出て、化粧をしなくてもきれいでいられます。

またシミやほくろが薄くなり、髪質が良くなりフケが減り、体臭や口臭もなくなり、下着も汚れにくくなります。

おお、いいことづくめですね。

女性に限らず、男性も子供も同じように「冷え」をかかえていますが、なかなか男性の場合「冷え」に気づかない場合もありますので、まずは女性のあなたから冷えとりを体験してみてください。
まずは、その良さを自分が体験しないと、なかなか人には勧めにくいものですので・・・

きょうはここまでです。

ポイント
冷えは万人の問題だが、男性に比べ女性の方が気づきやすい

577509